旅の最終日は自転車で駒ケ岳を一周したんだけど、なんやかんやで今年の旅も最高であった。2023年 北海道 車中泊の旅 46日目(最終日)

しょうきち

-
969 (1)
泊まったホテル/北斗市

2023年9月3日 日曜日 旅46日目

昨夜は旅を1日延長する方向で気持ちが傾いていたんだけど、9月4日(延長する日)の天気予報が悪いので、最終的には明日の天気予報を見て決めることにして眠りについた。

そして今朝は5:30に起床して天気予報を確認すると、やはり明日の天気予報は昨夜と同じで悪い予報になっていた。


969 (2)
泊まったホテル/北斗市

もう1日旅を延長したい気持ちが強かったのでかなり悩む。

朝風呂に浸かりながら1日延長するかを考えていたんだけど、やっぱり 明日の天気予報が悪いので 当初の予定通り今日で旅を終わらすことにした。


969 (3)
泊まったホテル/北斗市

今日で旅を終わらすことにしたから寂しい気持ちが強かったんだけど、朝から天気が良いのは嬉しい。

旅の最終日は当然サイクリングをして旅を締める予定なんだけど、駒ケ岳と羊蹄山のどちらを一周するかでまた悩む。

羊蹄山は2014年と2015年に自転車で一周しているんだけど、サイクリングをしながら眺めた羊蹄山がめちゃめちゃ素敵だったから、今年も必ず羊蹄山は一周しようと思っていたんだけど、羊蹄山を一周する時間が作れなかったんだよね。

そして 駒ケ岳一周は まだ自転車で走ったことがなかったから、こちらもめっちゃ走りたい場所なんだよね。

だた走ることだけを考えるのなら羊蹄山一周を選択するんだけど、羊蹄山一周だと、高速で京極町方面まで行ってサイクリングをした後にまた高速で函館フェリーターミナルまで帰ってこないといけないのが かなりネックなんだよね。

だから 結構 悩んだんだけど、今日は駒ケ岳を一周して旅を締めることにした。


IMG_8467_20240227035831fb4.jpg
※2015年撮影

羊蹄山一周は次回までのお楽しみにとっておくことにしたんだけど・・・
果たして次回はあるのだろうか?


969 (4)
新函館北斗駅/北斗市

最終日の晴天を1秒たりとも無駄にしたくなかったので、ホテルの朝食も食わずに出発。
ちなみに知人は既に出発していて、今日 知人は函館本線の駅巡りと某所の廃墟探索をするらしい。


9 (1)
新函館北斗駅駐車場/北斗市

2023年の旅も今日で最後。
無事故で必ず自宅に到着したかったので、出発前に車内に置いてあるお守りに手を添えて、自宅に着くまで無事故でお願いしますとお願いしてから出発。


9 (2)
新函館北斗駅付近/北斗市

旅の最終日にこの青空は嬉しい。
一応 今日は サイクリングをした後に昨日行ったきじひき高原パノラマ展望台と 時間があれば恵山にも行こうと思っている。


9 (4)
国道5号/七飯町

大沼公園に向かう。


9 (5)
国道5号/七飯町

清々しい青空が広がっているのでめちゃめちゃ嬉しい。
天気が良くて駒ケ岳の眺めが素敵なのでテンションは既にかなり上がっていた。


IMG_3273_20240224193519415.jpg
道道338号/北斗市

途中のセイコーマートでパンを買い込んで、パンを食いながら大沼公園に向かって・・・


969 (5)
大沼公園 駐車場/七飯町

大沼公園の駐車場で自転車を組み立てて出発。
ちなみに大沼公園の駐車場は無料であった。

出発前に観光客がまだ全然少なかったので、先に大沼公園を歩いて散策しようか迷ったんだけど、サイクリングをしたい気持ちの方が強かったので、大沼公園の散策はサイクリングを終えてからすることにした。


969 (6)
道道338号/七飯町

駒ケ岳一周に関しては 大体 一周が70km程度であること以外は何も調べていなかったんだけど・・・


9 (8)
道道338号/七飯町

駒ケ岳を一周するんだから、当然 常に駒ケ岳を眺めながらサイクリングができるのかと思っていたんだけど、駒ケ岳は全然見えないし・・・


IMG_3280_202402241948026d0.jpg
IMG_3279_20240224194800440.jpg
道道338号/七飯町

大沼も木々が邪魔をしていて殆ど見えない区間がしばらく続いたのは めちゃくちゃ予想外であった。


969 (7)
大沼/七飯町

途中でようやく見えた大沼。
道道338号で大沼が見えた場所は確かここだけじゃなかったかな?

しかし こんなに駒ケ岳と大沼の見えない区間が続くとは思っていなかったから、結構 ショックだったし、だいぶテンションも下がっちゃっていたんだよね。

だから 下調べってやっぱり大事だなって痛感したよね。


969 (11)
道道43号/七飯町

そして スタートから40分ぐらいして、ようやく駒ケ岳が見渡せる場所に到着したので、ここで一発目のコーヒータイム。


9 (9)
道道43号/七飯町

コーヒー休憩をした後はサイクリングを再開してここを左折。


9 (10)
道道43号/七飯町

駒ケ岳を見ながら走れる区間になったので一気にテンションが上がってきた。


9 (11)
道道43号/七飯町

この付近はいい感じで駒ケ岳を眺めながら走ることができたんだけど、でも こんな感じで駒ケ岳を見ながら走れる区間は本当に少なかったんだよね。


969 (12)
道道43号/七飯町

この付近まではずーっと長い下り坂が続いていたんだけど、下り坂が続いたということは、帰り道は長い上り坂が続くと思うので 少し憂鬱になった(笑)


969 (13)
道道43号/鹿部町

鹿部町のカントリーサイン。
しかし このカントリーサインのキャラクターは何なのかね?


9 (14)
道道43号/鹿部町

駒ケ岳が見える区間は非常に少ない。


9 (15)
道道43号/鹿部町

今日は日曜日だし、人気の大沼公園の近くなので、ここまでで 既に5組ぐらいのサイクリストの方々とすれ違った。


9 (16)
国道278号/鹿部町

ここを左折して この後は国道278号を走ったんだけど、国道278号は全然 駒ケ岳が見えなかったんだよね。


9 (18)
国道278号/鹿部町

こんなに駒ケ岳が見えない区間が続くとは思ってもみなかった。
これだったら 高速に乗って羊蹄山まで行くのが正解やったかな?


9 (19)
国道278号/鹿部町

(駅巡りをしている)知人から鹿部駅が良かったとの連絡があったので、鹿部駅に寄って行こうか迷ったんだけど、結局 スルーした。


9 (20)
9 (21)
国道278号/森町

森町のカントリーサイン。


969 (14)
駒ケ岳/森町

途中で見えた駒ケ岳。


IMG_3301_2024022420312702c.jpg
国道278号/森町

函館本線の駅巡りをしている知人から 渡島沼尻駅が更に良かったとの連絡がきたので行ってみることにした。


9 (23)
一般農道/森町

国道を逸れて一般農道を通って渡島沼尻駅に向かった。


PXL_20230903_011116700.jpg
一般農道/森町

途中にあった廃サイロ?


PXL_20230903_011505573.jpg
渡島沼尻駅/森町

渡島沼尻駅は道路沿いにある駅なんだけど、周辺はかなり静まり返っていたから、秘境感の強い駅であった。


PXL_20230903_011716802.jpg
渡島沼尻駅/森町

2010年に函館本線の駅巡りをしているので、たぶん その時に一度ここの駅には来たことがあると思うんだけど、もう だいぶ昔の事だから全然覚えていないんだよね。


PXL_20230903_011612673.jpg
渡島沼尻駅/森町

列車越しに見える駒ケ岳の眺めがいい感じだったので、ここでパン&2発目のコーヒータイム。


PXL_20230903_011521272.jpg
渡島沼尻駅/森町

ここの駅はかなり静かだったから良かったわ。
自分は静かな無人駅が大好きなんだよね。

ちなみに写真の白い建物の手前には昔は木造駅舎があったみたいなんだけど、木造駅舎は数年前に撤去されたらしい。


9 (25)
一般農道/森町

静寂の渡島沼尻駅を満喫した後はサイクリングを再開。


969 (27)
一般農道/森町

駒ケ岳が見えない区間ばかりなんだけど、だからこそ、たまに駒ケ岳がいい感じで見える場所に出くわすとテンションが上がるんだよね。


9 (26)
沼尻地区基幹農道/森町

夏は緑が生い茂っちゃっているから駒ケ岳が見えない場所が多いんだけど、5月や10月頃だったらもっと駒ケ岳を見ながら走れるのかな?

まあ 駒ケ岳は見えない区間が多かったんだけど、でも ここの農道は 人も車も全然走っていなくて静かな道だったから、自然の音を聞きながらサイクリングができたのは良かったんだよね。


969 (28)
沼尻地区基幹農道/森町

廃棄物処分工場越しに望む駒ケ岳。


969 (29)
沼尻地区基幹農道/森町

駒ケ岳は移動する度に形が変わって見えるから面白いんだよね。


8025 (1)
沼尻地区基幹農道/森町

この付近からの眺めが良かったので、ここでまたパン&コーヒータイム。


969 (30)
一般道/森町

しかし 駒ケ岳の山頂の形はエグいよね。
昔は羊蹄山みたいな綺麗な形だったらしいんだけど、350年ぐらい前の大噴火で山頂が吹っ飛んじゃったから こんな形になったらしいんだよね。


8025 (2)
一般道/森町

今日は沢山のサイクリストとすれ違ったし、3人ぐらいのサイクリストに追い抜かれたんだけど、サイクリストの方々は速すぎでしょ(笑)


969 (31)
駒ケ岳/森町

この付近からの駒ケ岳の眺めが良かったので、ここでまたまたコーヒータイム。


969 (34)
駒ケ岳/森町

見る場所によって姿が変わる駒ケ岳なんだけど、今日は この角度からの眺めが(自分には)一番の眺めであった。


969 (35)
駒ケ岳/森町

同じような角度からの写真が続いているんだけど、同じような形でも、少し移動すると畑の眺めが全然変わってくるから 同じような角度の駒ケ岳を見ていても全然飽きないんだよね。


8025 (5)
一般道/森町

歩道を馬で走ったら駄目でしょう(笑)


969 (36)
町道/森町

町道を通って戻っていく。


969 (38)
町道/森町

駒ケ岳の反対側の眺めも素敵であった。


969 (37)
駒ケ岳/森町

駒ケ岳の姿がどんどん変わっていくのも良かったんだけど、やっぱり 天気が良かったのが一番なんだよね。


8025 (8)
国道5号/七飯町

国道5号は日曜なので車だらけであった。


969 (39)
大沼/七飯町

途中で見えた大沼。

大沼も湖畔沿いを走っていたのに 殆ど見えなかったのが かなり残念だったんだよね。


969 (42)
大沼/七飯町

あと1km。


969 (44)
大沼/七飯町

ゴール地点付近から望む大沼と駒ヶ岳。

やっぱり 大沼と駒ケ岳のセットの眺めは最高だよね。


8025 (9)
道道338号/七飯町

スタート地点の駐車場に戻った後は、大沼公園を散策しようと思っていたんだけど、人が多すぎたので大沼公園の散策は止めることにした。


8025 (10)
大沼公園付近

で、スタート地点の駐車場で自転車をバラしたかったんだけど、駐車場も満車になっていて、とても駐車場で自転車をバラせる状況ではなかったので・・・


969 (45)
大沼公園駅/七飯町

大沼公園駅の近くの空いている駐車場に移動して・・・


969 (46)
大沼公園駅/七飯町

自転車をバラして、本日のサイクリングというか、2023年の北海道サイクリングが終了した。


(今年の北海道サイクリングがこれで終了したので)感傷に浸りながら自転車を片していたんだけど、何よりも一度もパンクやトラブルもなく無事にサイクリングを終えられた事が一番嬉しかったんだよね。


この自転車は約10年前の自転車なんだけど、毎回 問題なく走れたので、タイヤをバラしている時に(心の中で)自転車に感謝をしながらバラしていたんだよね。


消耗品のパーツをきちんと交換すれば この自転車はまだまだ乗れるだろう。
もし 次回も自転車を持ち込む旅になるとしたら、次回も この自転車を持って行こうと思っている。


969 (51)
本日の走行記録など


今年の旅では20日間ぐらいはサイクリングをしたのかな?
景色を満喫しながら走りたかったので、1日の走行距離は70kmぐらいを目安にしていて、走るルートは静かで人が殆どいない道を走りたかったので、あまりメジャーではない場所を結構走ったんだけど、この選択は大正解で、静寂や雄大な風景を満喫しながら走ることができたから、今回の旅のサイクリングは本当に大満足であった。


PXL_20230723_075703144_20230818071919a1f_20240228041941185.jpg
エブリイの車内

ただでさえ狭い車に自転車を積み込んで、車中泊の空間を潰してまでして自転車を持ってきた甲斐はあったと思う。

ただ 次回の旅では、こんな糞狭い状態での車中泊は絶対にしたくはない。


8025 (11)
セイコーマート/七飯町

自転車を片した後はセイコーマートで飯タイム。
セイコーマートも今年はこれでお別れだと思ったら ほんのちょっとだけ寂しくなった。

まだフェリーの予約をしていなかったので、飯を食いながらフェリー会社に電話をすると 18:00発のフェリーが空いていたので 18:00発のフェリーを予約した。


552.jpg
道の駅 なないろ·ななえ/七飯町

ここの道の駅に寄ったら めちゃめちゃ混んでいたよね。


天気が良かったので この後は昨日行ったきじひき高原パノラマ展望台に行こうと思っていたんだけど、何かもう無気力になっていたので、きじひき高原パノラマ展望台に行くのはやめて、この後は温泉に入ることにした。


969 (48)
東前温泉 しんわの湯/北斗市

温泉はしんわの湯に入っていったんだけど、ここの温泉は・・・


8025 (12)
東前温泉 しんわの湯/北斗市

駐車場からの眺めがすごい良かったんだよね。


8025 (13)
東前温泉 しんわの湯/北斗市

肝心の温泉はえげつないレベルで混んでいたから 全然満喫できなかったのが残念であった。


8025 (14)
国道227号/函館市

激混みの温泉で時間を潰した後はフェリーターミナルに移動。


969 (49)
函館フェリーターミナル/函館市

フェリーの待ち時間は、明日からはまた日常の生活に戻るという寂しい気持ちと、これから4時間もフェリーに乗って、その後は 深夜の東北自動車道を走り続けて帰るという絶望感に襲われていた。


8025 (15)
函館フェリーターミナル/函館市

乗船開始。


8025 (16)
969 (50)
函館フェリーターミナル/函館市

17:40に乗船して 2023年 北海道 車中泊の旅が終わった。


969 (52)
総走行距離や燃費など

今年の旅の車の走行距離は7716km(北海道以外の地域も含む)と例年に比べたらかなり少ない走行距離であった。


20231014212918429_202402280442095e1.jpg
アゼチの岬/浜中町/8月4日撮影

今年はサイクリングがメインの旅やったんだけど、とにかく暑すぎたのが痛すぎたんだよね。
とにかく今年は暑さから逃れるために道北方面や霧多布方面などの涼しい場所にばっかり行っていたから、今年 特にサイクリングがしたかった帯広方面や富良野方面のサイクリングが殆どできなかったのが痛かったんだよね。


PXL_20230722_040048421_20240225190321acd.jpg
焼尻島/7月22日

自転車以外の旅だと 今年は11年ぶりの天売島と焼尻島のインパクトが強烈であった。


PXL_20230722_023321015_202402251908001e2.jpg
焼尻島/7月22日

焼尻島は ここからの眺めを独占できたのが 特に印象に残っていて・・・


20231204040141fee_202402220707036e9.jpg
天売島/8月19日撮影

天売島は全ての場所を独占できたからめちゃめちゃ良かったんだけど・・・


20231204035839c7f_202402220708523f5.jpg
天売島/8月19日撮影

特にここから虫や鳥の鳴き声や船のモーター音を聞きながら、ぼけーっと景色を眺めていたのが特に印象に残っている。


20231204042232418_20240222070708412.jpg
天売島/8月19日撮影

どちらの島も歩いて一周したんだけど、やっぱり天気が良い日にのんびりと絶景を眺めながら歩いたことは 今回の旅でとても印象に残っているんだよね。


20231005060926d4a_20231008190904e63_20240222071626b39.jpg
北竜町ひまわりの里/8月2日撮影

あとは北竜町のひまわりの里もかなり印象に残っている。

空気がうまくて見渡す限り一面のひまわりを眺めながらの早朝の散歩がめちゃめちゃ清々しかったんだよね。


20231113041235792_202402220710566cf.jpg
斜里町/8月14日撮影

そして 今年の旅のメインであったサイクリングは満足だった日が殆どだったから順位をつけるのは難しいんだけど、敢えて順位をつけるとしたら この斜里岳を眺めながらサイクリングをした日が1番だったかな?


2023111305023331e_202402220710536be.jpg
清里町/8月14日撮影

この付近からの眺めはもう最強だったよね。


20231005070328ee8_202402220712037fd.jpg
秩父別町/8月2日撮影

秩父別町の この付近からの眺めも非常に印象に残っているんだよね。


20231005070139478_20240222071228608.jpg
秩父別町/8月2日撮影

静かな場所で景色を眺めながら飲むコーヒーや・・・


2023111303264910a_20240222071055833.jpg
斜里町/8月14日撮影

おにぎりやパンがめちゃめちゃ美味しかったんだよね。


20231215090102901_202402220713087ec.jpg
道道106号/幌延町/8月21日撮影

そして このオトンルイ風力発電所付近のサイクリングも最高だったんだけど、今年 狭い車にわざわざ自転車を積み込んだのは、ここを自転車で走るためだったと言っても過言ではないんだよね。
だから ここには3日間を費やして、結局 3回もこの場所を走っちゃったんだよね。


20230925055629c89_20240222071416b73.jpg
遠別町/7月31日撮影

北海道サイクリングの最大の魅力は とにかくこの素晴らしい眺めと・・・


20231031063826df5_202402220716285c8.jpg
道道35号/根室市/8月11日撮影

この走りやすい道路なんだよね。

地元だと歩道は人だらけだし、車道は車だらけだから、地元では自転車なんかで走りたいとは全く思わないもんね。


PXL_20230726_034741467_20240222071457326.jpg
北オホーツクサイクリングロード/浜頓別町/7月26日撮影

静寂と自然の両方を味わいながら走る事ができるのも北海道サイクリングの魅力であった。


IMG_1437_202309302021528ef_20240225232854ce7.jpg
道道356号/羽幌町/8月1日撮影

事前に殆ど下調べをしないでサイクリングを敢行していたので・・・


PXL_20230726_041412810_20240222071459a68.jpg
浜頓別町/7月26日撮影

走ろうと思っていた道が通行止めになっていて、泣く泣く引き返したのも今となってはいい思い出であった。


PXL_20230822_232200259_20240225233645fd3.jpg
北星山森林公園/中富良野町/8月23日撮影

まだまだサイクリングをしたかった場所は沢山あったし、離島にも行かなかったし、今年は1つも山に登ることができなかったんだけど、終わってみたら今年も大満足の旅であった。


20231216082758866_202402220713108d2_20240229050557361.jpg
幌延町/8月21日撮影

青空と緑が広がっている道のサイクリングはマジで気持ちがいい。


20240122013703d6e_202402252336447e9.jpg
豊岡見晴し台駐車公園/上士幌町/8月28日撮影

次回もまた自転車を持ち込んで北海道を旅しようと思っている。

ブログを最後まで読んで頂いてありがとうございました。
また2024年の旅?でもよろしくお願いします。


bandicam 2024-02-22 06-09-58-833
本日の走行ルート(函館フェリーターミナルまで)
本日の車の走行距離 (函館フェリーターミナルまで) 44.1km 

北海道 ←ブログ読んで下さってありがとうございます。