エブリイで行く北海道 車中泊の旅 6日目 尾岱沼ふれあいキャンプ場~道の駅 摩周温泉

しょうきち

-
IMG_4463_2020071417332653e.jpg

2020年6月27日 北海道 車中泊の旅 6日目

(キャンプ場は寝坊してもOKなので)昨夜は目覚ましをセットしないで寝たのだが、勝手に4:00に目が覚めたのでそのまま起床。


IMG_4477_20200714173330a94.jpg
尾岱沼ふれあいキャンプ場/別海町

朝から雨で13℃しかないので寒い。


IMG_4475_20200714173329934.jpg
尾岱沼ふれあいキャンプ場/別海町

トイレに行くのも辛いレベルの雨である。


朝飯を食べた後は車内整理をしたのだが、(雨なので)車内から降りないで(狭い車内の中で)車内整理をしたので中々大変であった。


IMG_4471_20200714173327b51.jpg
朝からDIY

車内整理を済ませた後はDIY。
カーテンを取り付けた。

これでカーテンとサンシェードをうまく使い分けることができる。


IMG_4479_202007141733320c4.jpg
道道363号/中標津町

全然雨が止む気配がなかったので やむなく9:30に出発。


今日は何処に行っても雨である。

こんな天気だと何処に行っていいのか分かれへん。

一体 どこに行けばいいんや?・・・

本来ならこういう天気の日は温泉なんだけど、今日は土曜だから温泉は混むんだよね。
(首都圏ナンバーで目立つから)温泉に行くのは気が進まないんだよね。

どうしようかな?

IMG_4497_2020071417331558a_20200721150312769.jpg
道の駅 摩周温泉/弟子屈町

とりあえず 適当に弟子屈町の道の駅に来てみたのだが・・・

いやいや いくら雨だとしても人少なすぎだろ。
今日は土曜日で しかも 天下の摩周温泉の道の駅なのに・・・


IMG_4500_2020071417331745a.jpg
道の駅 摩周温泉/弟子屈町

コロナが収束してインバウンド需要が回復するまで耐えるしかないのか?


IMG_4492_20200714173307c2a.jpg
道の駅 摩周温泉/弟子屈町

とりあえず第二駐車場に車を停めて休憩タイム。


InkedIMG_6581_LI.jpg
エブリイの車内

車載動画や画像を編集したり、YouTubeを見てまったりと過ごす。

IMG_8430_202007211452256c2.jpg
パソコンなど

持ってきた電子機器はパソコン、タブレット、スマホ2台である。
大体 動画はタブレットで見て ラジオはスマホで聴いている。

WiFiは今回の旅の為に契約したのだが、1日2GBの制限があるんだよね。
だからYouTubeは360pでしか見れないんだよね。
だから 動画はYouTubeよりもアマゾンプライムビデオを見てる方が多いかな。
ちなみにラジオは1時間では30~40Mバイト食う。


IMG_8435_2020072113154518a.jpg
ポータブル電源

電源はポータブル電源が1台と


IMG_8437_20200721131546918.jpg
モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは3つ用意した。

まあ これだけあれば電源で困ることはないよね。
ノートパソコンのバッテリーもだいぶ持つからね。


IMG_4489_20200714173305ba9.jpg
道の駅の隣にある摩周の湧き水

まったりと過ごしていたら17:00近くになっていた。

雨が止んだので湧き水を汲みにいく。


IMG_4491_20200714173306024.jpg
IMG_6584.jpg
道の駅の隣にある摩周の湧き水

そう言えば昔「弟子屈の湧き水はここが一番うまい」って地元のおっちゃんが力説してたな。
まあ 自分はどこでも一緒やと思うんだけどねw


IMG_4504_20200714173319534.jpg
道の駅 摩周温泉/弟子屈町

なんやかんやで夜になると車中泊の車が増えてきた。


IMG_4503_202007141733181d1.jpg
IMG_4507_20200714173321d5d.jpg
道の駅 摩周温泉/弟子屈町

今日はここで寝る。


InkedIMG_8434_LI.jpg
エブリイの車内

夜の車内はこんな感じで(自分的には)めっちゃ明るいんだよね。


IMG_8432_202007211315422a7.jpg
USB LED 蛍光灯

これが凄い優秀。900円の割りにはめちゃくちゃ明るいんだよね。


627.jpg
本日の走行ルート
本日の走行距離 83.4km


北海道 ←ブログ読んで下さってありがとうございます。