しょうきち

しょうきち

-

IMG_0072_20180608093633a0e.jpg
千歳駅付近



2018年5月29日 火曜日  



千歳空港に到着して
レンタカーを借りて買い物や食事を済ませると時刻は13:00になっていた。とりあえず今回の旅は6月6日までなので9日間しかない。知人などからは9日間も旅行に時間が取れるなんて羨ましいと言われたのだが、自分の中ではかなり少ない日数である。初日と最終日は半日程度しか使えないので実質的には7日間の旅となる。今回の旅は地域を絞って特定の地域を重点的に周るか、それとも北海道一周弾丸ドライブのどちらにするか かなり迷ったのだが、やはり今回は弾丸ドライブを敢行することにした。







IMG_0075_20180608093635092.jpg
国道36号/千歳市街

時計回りで北海道を一周することにしてとりあえず函館に向けて出発したのだが、これだと明日雨に捕まっちゃうんだよね。





IMG_0066_2018060810093588a.jpg
明日 函館に
は雨マークが付いているんだよね。雨が降る可能性のある地域にわざわざ行く気にもならない。どうしようかな?



とりあえず 今後の予定を考えながら苫小牧に向かっていった。







IMG_0076_20180608093636aa4.jpg
国道36号/千歳空港付近

自分は飛行機が嫌いなのだがやはり飛行機だと早いよね。
9日間の車中泊旅だとそれなりの荷物になるので荷物はあらかじめ全部宅配便で送っといた。これだと飛行機にも手ぶらで乗れるから楽ちんである。ただ意外と荷物は多くなってしまったので送料は往復で9,000円程度かかってしまった。







IMG_0079_201806101055413c1.jpg
国道36号/千歳市

千歳市街や苫小牧を走っていても北海道に来まし
たよ感を感じることは殆どできない。はやく市街地を抜けて車が殆ど走っていない道を走りたい気分である。






IMG_0081_20180608093638be2.jpg
道の駅ウトナイ湖/苫小牧市

道の駅ウトナイ湖に寄り道。





今日は暑いよね。北海道も半袖の人がめっちゃ多かったわ。






ここの道の駅でジャージに着替える。自分の北海道の旅は常にジャージである(笑)









IMG_0083_201806080936394b9.jpg
ウトナイ湖/苫小牧市

道の駅はガラガラで道の駅の裏にある湖には誰もいなかったわ。






IMG_0086.jpg
ウトナイ湖/苫小牧市

湖を少し眺めた後は車に戻り今後の予定を考えたのだが、やはり函館方面に行くと明日雨に捕まる可能性が高いので今後は反時計回りで進んでいくことにした。






IMG_0098_20180608093645db7.jpg
日高自動車道を通ってとりあえず襟裳岬方面に向かった。




IMG_0102_201806080936478dd.jpg
日高自動車道

高速を走っていても全然おもんないのだが・・・





IMG_0107_20180608093648908.jpg
日高自動車道

とりあえず少しでも先に進みたかったので終点区間までは高速区間を利用した。





IMG_0110_20180608093650768.jpg
道道351号/日高町

日高自動車道を降りた後は内陸の
道道を走っていく。車も殆ど通っていないし馬も放牧されていたのでめっちゃいい感じの道であった。これを求めていたんだよね。







IMG_0112_201806080936516b5.jpg
道道351号/日高町

都会の喧騒に嫌気がさしていたのでこのガラガラの道のドライブはマジで最高であった。






IMG_0113_2018060809365307a.jpg
ルンルン気分でドライブをしていく。




IMG_0114_20180608093655c9e.jpg
道道1026号/新冠町

道道1026号を通って二十間道路の桜並木通りに向かう。





IMG_0119_201806080936569c7.jpg
道道1026号/新冠町

特に何もない道なのだが久々の北海道ドライブなので気分はルンルンである。





IMG_0121_20180608093658e37.jpg
二十間道路の桜並木通りに向かっていたのだがナビを使っていなかったので道を間違えてしまった。





IMG_0128_2018060809370233f.jpg
優駿メモリアルパーク/新冠町

途中には優駿メモリア
ルパークがあったので寄り道。ここに来たのは3年ぶりぐらいかな?





IMG_0124.jpg
優駿メモリアルパーク/新冠町

自分はロトやtotoは大好きなんだけど競馬はまったくやらないから全然興味のない場所なんだよね。





IMG_0126_201806080937004b9.jpg
優駿メモリアルパーク/新冠町

でも 競馬はやらなくてもオグリキャップぐらいは知ってるよね。





IMG_0131.jpg
サラブレッド銀座駐車公園/新冠町

サラブレッド銀座駐車公園に移動。




 
IMG_0132_201806080937465d6.jpg
サラブレッド銀座駐車公園/新冠町

ガスっているのでここの駐車場からの見晴らしは全然だめであった。





IMG_0135.jpg
国道235号/新ひだか町

国道に出たら霧が発生していて天気が悪く
なってしまったので一気にテンションが下がってきた。今日は初っ端から失敗だったかな?ウトナイ湖でUターンしてその後は北上するルートも考えていたので、この時はルートの選択ミスをした感がめっちゃ強かったんだよね。だって今日は北海道全道で晴れているのに今自分は霧の中を走っているんだからね。







IMG_0138_20180608093749418.jpg
国道235号/新ひだか町

静内で食事&買い物を済ませ
た後はドライブを再開。車中泊用の銀マットを買うのを忘れていたので焦っていたのだが、途中に100均があったので助かったわ。





 
IMG_0140_201806080937510b2.jpg
国道235号/新ひだか町

途中 チャリダーがいた。チャリダーを見ると
このチャリダーはどういうルートで北海道を一周しているのかを考えてしまうんだよね。ちなみにここまで旅装備のライダーはまだ一人も見ていないよね。チャリダーもライダーもまだ北海道を旅するのには1ヶ月位は早いからね。







IMG_0145_20180608093722375.jpg
国道235号/新ひだか町

海岸沿いは濃霧が発生している
ので襟裳岬に行くのはやめて国道236号を通っていくことにした。霧で何も見えない襟裳岬に行ってもしょうがないからね。






IMG_0150_20180608093724d06.jpg
国道236号/浦河町

内陸に入ると霧が消えたので再びルンルンモードに突入。





IMG_0151_20180608093725005.jpg
国道236号/浦河町

馬も放牧されていたのでめっちゃいい感じであった。





IMG_0154_20180608093727d54.jpg
IMG_0161_201806080937311b6.jpg
IMG_0168_20180609113030ca4.jpg
国道236号/浦河町

牧場や馬の姿が消えると峠越えとなる。






 
IMG_0182_2018060809373920a.jpg
翠明橋公園/浦河町

峠越えの途中にある翠明橋公園。






IMG_0174_20180608093735e88.jpg
IMG_0176_20180608093738760.jpg
翠明橋公園/浦河町

湧水が止まっているのだが、前回来た
もたしか止まっていたんだよね。前回来た時はだいぶ前だったような気がするのだが・・・







IMG_0184_20180608093741025.jpg
遅まきながらこの車が今回の旅の相棒兼寝床の車である。


この時期のレンタカーは安いよね。たしか9日
間で26,300円程度だったと思う。格安レンタカーなら更に1万程度安い車もあったわ。






IMG_0175_2018060809373733d.jpg
翠明橋公園/浦河町

自分は今は昼夜逆転してるからもう今日は
めっちゃ眠いんだよね。だから今日はもうここで寝ようかとも思っていたのだが・・・






IMG_0188_20180608093742154.jpg
道の駅忠類/幕別町

めっちゃ眠か
ったのだが頑張って道の駅まで移動した。ここまで移動したのは道の駅の隣にある温泉に入りたかったからである。



道の駅は車中泊の車が多かったので道の駅の裏にあるキャンプ場で今日は寝ることにした。








 
IMG_0193_20180608093801443.jpg
ナウマン公園キャンプ場/幕別町

ここの芝生エリアのキャンプ場では7台位の車が車中泊をしていた。




車中泊のセッティングを済ませた後は風呂に行こうと思っていたのだが、車中泊のセッティングを済ませたら一気に眠くなってしまい、結局 今日はもう温泉にも入らずにすぐに眠ってしまっていた。






bandicam 2018-06-09 13-12-02-083
本日の走行ルート(ウトナイ湖から)
本日の走行 257km



北海道 ←ブログ読んで下さってありがとうございます。