しょうきち

しょうきち

-

IMG_6462_20180213102342669.jpg
利尻富士町のカントリーサイン 
 
 




IMG_6463_20180213102343b30.jpg
道道1076号
 
 
これも自転車専用道路らしい。 
 
 
 

 
IMG_6467_20180213102345706.jpg
この付近から見る礼文島の眺めは本当に素敵であった。ここから礼文島を見ていたら、ますます礼文島に行きたくなったきたな。マジで行こうかな!? 
 
 


 
IMG_6474_20180213102346b3f.jpg
スタート地点まで残り6km
 




IMG_6475_201802131023487c8.jpg
この付近でようやく雲が殆どかかっていない利尻山を見ることができた。しかし、凄い迫力の山だな。ごつごつとしていて荒々しいというか・・・悪そうな山というか。羊蹄山みたいな美しさはまったくないな。
 
 

 
 IMG_6478.jpg
利尻空港に向かう。 
 
 
 



IMG_6480_20180213102321b0d.jpg
凄い迫力だ。 先ほどまでは悪そうな山だと思っていたのだが、ここから見ると逆に王者の貫録というか、近寄り難い雰囲気というか・・・とにかく凄いど迫力を感じてしまった。
 



 IMG_6484_20180213102322cde.jpg
IMG_6485.jpg
利尻空港 
 




IMG_6488.jpg
利尻空港
 
 
夏の期間は1日に1便だけ定期便が運航されているらしい。
 
 


 IMG_6489.jpg
空港に寄った後は夕日ヶ丘展望台に向かった。
 
 


 
IMG_6491_20180213102328610.jpg
利尻山を見ながらゆっくりと進んでいく。
 
 
 


IMG_6497.jpgIMG_6500_20180213102334a8f.jpg

IMG_6502_20180213102336bce.jpg

夕日ヶ丘展望台



うおー!凄い眺めである
 
 


  IMG_6498_20180213102333ec5.jpgIMG_6505_201802131023375e6.jpg
礼文島方面 
 
 
やっぱ礼文島もいいな~。ここから礼文島を見ていたら行きたい気持ちがかなり強くなってきた。
 
 
 
 
IMG_6506.jpg

夕日ヶ丘展望台



できれば日が沈む頃に来たいと思っていた場所だったのだが、昼間からの眺めも最高であった。
 
 

 
IMG_6507_20180213102340e53.jpg

夕日ヶ丘展望台



この後に行く予定のペシ岬が見える。ここからの眺めは正に絶景であった。こんな絶景の場所なのに誰も来ないのが不思議であったのだが、おかげでこの絶景を独占できたので嬉しい。

 
 

 
 IMG_6508.jpg

夕日ヶ丘展望台



鴛泊市街が一望できる。天気が良ければ昼間からでも最高の景観が期待できる場所である。自分の中ではペシ岬よりも夕日ヶ丘展望台の方が良かったと思っている。
 
 

 


 IMG_6511_20180213103258838.jpg
利尻富士役場
 


 
 
IMG_6512_20180213103300ee7.jpgIMG_6513_2018021310330100e.jpg
鴛泊市街
 
 




IMG_6514.jpg
三軒目のセイコマを発見。ここで食事を済ませていく。
 



 
 IMG_6517.jpg
鴛泊市街
 



 
IMG_6518.jpg
ペシ岬入口付近に到着
 




IMG_6519_20180213103307d4b.jpg
まずはペシ岬海岸に行ってみる。
 
 



IMG_6520_20180213103309397.jpg
ここを通っていく。
 
 





IMG_6522_201802131033110c5.jpg
ペシ岬海岸に到着
 




IMG_6523_20180213103312042.jpg
ペシ岬海岸
 




IMG_6524_2018021310331384d.jpg
ペシ岬海岸
 
 
うーん。あんまりたいした場所ではなかったかな。写真だけ撮って即移動する。
 



IMG_6525_20180213103315b4e.jpg
鴛泊港
 




IMG_6526.jpg
ペシ岬入口付近の鴛泊港
 
 
鴛泊港にバイクを停めて利尻山を眺める。しかし、本当に威圧感のある山だな。なんだかこの山を見ていたらこの山も登りたくなってきた。
 


さて この後はペシ岬に行こうと思っていたのだが、団体客が一斉に展望台に向かっていたので、とりあえず少し時間をずらすことにする。


時刻は13:30である。帰りのフェリーは17:10なので余裕で島をもう一周できるな。島一周は約60kmなので寄るポイントを少なくすれば2時間もあれば余裕で周れるはずである。