しょうきち

しょうきち

-

2009年5月29日  北海道 車中泊の旅 13日目
              
 
6:00前に起床。昨夜は22:00前に寝たので何と8時間以上も寝てまっていた。かなり疲れが蓄積していたのかもしれない。


今日は朝から晴れているのだが、とにかくめちゃめちゃ寒いので気温を調べてみると何と6度しかないではないか。道理で寒いわけだ。

とにかく寒いので、体に日差しが直撃する角度に車を移動して、暖を取りながら今日の予定を考える。

今日は美深湿原に行こうと思っていたのだが、ここの入山は6月かららしいので今日は行かない事にした。今日は宗谷岬にでも行こうかな?

とりあえず7:15に出発。国道40号を北上して行くことにした。









国道40号


 
天気が良いので走っていて清々しいよね。








国道40号


途中には豊清水駅があるのでちょっと寄り道していく。








豊清水駅に到着




 
 


豊清水駅

 

駅前には何もなく通勤用の自転車が1台だけ置いてあった。この駅での乗降客は一体1日で何人くらい居るのだろうか?







次は隣の駅の天塩川温泉駅に行ってみる。

 




 
 
 

 

天塩川温泉にあるトーテムポール







トーテムポール
 
 
天塩川温泉入り口にあるトーテムポールはとても目立っている。チャリダーもここで記念撮影をしてた。









天塩川温泉駅
 




 


天塩川温泉駅


畑にぽつんとある感じの駅であった。
 
 
 


 
 

丁度 電車が来て一人の乗客が降りていった。この先には天塩川温泉があるので多分ここの従業員だと思う。





 

 

音威子府村







音威子府村






音威子府村のセイコーマートで朝食タイム。









音威子府駅にも寄ってみた。




周辺の駅と比べるとずば抜けて綺麗でお洒落な感じの駅舎である。





 
 
 
 

音威子府駅前
 
 
 




音威子府駅
 
 


 

音威子府駅



 
 

音威子府駅構内の駅そば常盤軒 



まだ8:00ちょい過ぎなので、お気にりの駅そば屋はまだ開いていなかった。
たしか10:00ごろからだったっけかな?どっちにしても駅そばが開くまでは待ってはいられないので先に進むことにした。





 




道の駅おといねっぷ
 
 



 

国道275号で浜頓別町方面に向かう事にした。









音威子府村のカントリーサイン
 
 



 

中頓別町のカントリーサイン


 
 
 

 
 

国道275号
 



 

国道275号を走行していると敏音知岳(ピンネシリ岳)が見えてきた。
 






 

敏音知岳



この山はこの旅で登る山としてリストアップしている山である。
もう山開きはているのだろうか?とりあえず登山道入り口のある道の駅に行ってみる。









国道沿いにあったサイロ


中頓別町はかつて砂金が採れたことで有名らしい。








 

9:20 道の駅に到着。

 



 
 

道の駅の目の前には温泉がある。
 
 



 

道の駅ピンネシリ




道の駅には登山届が置いてあるので見てみると 
どうやらもうとっくの昔に山開きはしていたらしい。よって 今からこの山に登ることにした。






 

鳥居をくぐりスタート。









まずはトドマツの林の中をひたすら歩く。虫がたくさんいるので虫よけスプレーを体に吹きかけながら進んでいく。
 
 



 
 

初めて使う熊よけの鈴なのだが、これがなかなかうまく鳴ってくれない。何処に付ければうまく鳴るのだろうか?最初はリュックに付けてみたのだが、あまりうまく鳴らないので焦る。


写真のような日のあたる明るい感じの場所は少し安心なのだが、日があたらない道はマジで怖いんだよね。








 

千本シナ
 


こんなに登山道が怖いとは思わなかった。なんやかんや言っても熊と遭遇する確率は低いだろうし、ましてや熊に襲われることなどは天文学的な確率なのだろうと思っていたのだが、今までの考えはすべて撤回する。とにかく熊がまじで怖い。手で鈴をガンガン鳴らしながら進んで行く。







 
 

前日の雨の影響で道がかなり泥濘んでいたので少し歩きにくかったし、とにかく暑くて汗だく状態であった。虫にやられるのが嫌やったのでジャージを着ていたのでめちゃくちゃ暑かった。また、たまにトカゲ?が横切ったりもしたのでマジでびっくりした(笑)またアブらしき虫が顔面に近づいてきたりもしたのでもう最悪であった。





 

 

視界の開けない林の中をひたすら歩いていたのだが、ようやく視界が開け周囲の景色が見えてきた。






 


軍艦岩

 





 


あと一息。もうすぐ山頂なのだが、ここでアクシデントが発生。無理が祟ったのか右足の内側の関節付近を痛めてしまった。足を曲げるとむっちゃ痛い。



ここでペースを大幅に落とす。頂上が見えているのに、なかなか到達しない。