しょうきち

しょうきち

-


2009年7月5日  北海道 車中泊の旅 50日目
           

昨日は久々の車中泊で中々寝付けなかったので今日は少し寝坊をして7:20に起床。
起きた頃は曇っていたのだが8:00ごろになると少し晴れてきた。


今日は何所からスタートしようかな?美瑛や富良野は観光客が多そうなのでパスだな。本来は雨竜沼湿原に行きたいのだが、雨竜沼湿原方面は天気が悪そうなので今日はパスだな。

何処に行こうか色々と考えたのだが、浮島湿原なら天気も良さそうなのでまずは浮島湿原に行ってみることにした。







 
 

道道68号







旭川市街



一般道でのんびりと向かっていく。









旭川市街



天気はどんよりとしている。








旭川市街
 





道の駅とうまに寄り道








国道39号


途中にある大雪展望台に行きたかったのだが場所がよく判らなかったのでスルーしたこは上川市街や大雪の山々を一望できるらしいので行きたかったのだが まあ 仕方がないな。






 
 

国道273号





 


浮島湿原入り口の案内板




 

国道から約2~3kmダートを走る。






 

浮島湿原駐車場



浮島湿原に到着すると観光バスが停車していた。まじか!?ここは比較的穴場だと思っていたのだが有名な観光スポットなのだろうか?

おばちゃんがたちがおったので最初は賑やかだったのだが、おばちゃん達を乗せた観光バスが去っていったら一転してめっちゃ静かになった










度を済ませ湿原に向かった。








道は整備されているので普段着でも大丈夫だろう。しかし 熊が出没しそうな雰囲気が強いので、単独行動ならクマよけの鈴は用意した方が良いかも。





 
 
 

歩いていて なんか痒いと思ったら結構蚊にヤラれていた。虫よけスプレーを大量に吹きかけながら先に進んでいく。




 
 
 
 

ここからが湿原になる





 


湿原に入るといきなりトンボの大群が自分を迎え入れてくれた。木道にはトンボが止まっていたり、鳥の囀りが響き渡っていて、いきなり自然のど真ん中にいることが実感できる。









浮島湿原は標高約860m前後に位置していて、大小70余りの沼が点在しているらしい。













木道はかなり傷んでいる。
 




 
 

腐っている場所には基本的に目印があるのだが、赤いテープの目印がない場所も結構腐っているので、ゆっくりと慎重に歩いて行く。






 

東大沼





 



この付近の木道はヤバいレベルであった















沼の名前などは全く分からないのだが






ただ見ているだけで、とっても癒やされた感じがした。







花の蜜を吸うハチ。
 
 

 
ハチや昆虫などを見ていると、人間は自然との共存を図らなければいけないなと痛感させられた。
 




 

 

昆虫にとって花の蜜はめちゃめちゃご馳走なんだろうな。






 

壮大な景観とはいえない場所なのだが、とにかく自然を満喫できる場所である








ここめちゃめちゃ良かったので、もう一周しようと思ったのだが、一挙に観光客が沢山来てしまったので車に戻ることにした。




ここは是非とも観光客の居ない快晴の早朝にまた来てみたい場所であった。花の名前なんか全然知らなくても、花の蜜を吸っている昆虫や、沢山のトンボなどを見ているだけでとても心が癒やされた場所であった。

 
 




 
浮島湿原がこれだけ良かったのだから、明日はもう雨竜沼湿原に行くしかないだろうな。明日は朝一で雨竜沼湿原に行くことにした。


 






寝床に向かう。



今日は雨竜沼湿原の近くにある道の駅 鐘のなるまち・ちっぷべつで車中泊をすることにした。










秩父別町







秩父別駅




適当に秩父別駅周辺を車で流してから道の駅に向かった。









秩父別温泉
 
 
 
 
道の駅 鐘のなるまち・ちっぷべつに到着。早速隣の温泉に入って疲れを癒やす。


 
 
 

 
 

道の駅 鐘のなるまち・ちっぷべつ
 
 


 

道の駅 鐘のなるまち・ちっぷべつ
 
 

 

 



 
開基百年記念塔
 
 


 
今日はここで寝る。さすがに7月なので沢山の車が車中泊をしていた。彼らの車から少し離れた場所にある開基百年記念塔の前で今日は寝ることにした。
 


20:00になると町内放送が始まったのだが、この町内放送をアナウンスしている女性の喋り方がもの凄い訛っていたので笑ってしまった。
そして21:00?になると目の前の開基百年記念塔の鐘が大きく鳴り響いたのにはとてもびっくりした。




明日は雨竜沼湿原に行く予定である。