しょうきち

しょうきち

-
                         
031_20180314015150d9b.jpg
道の駅てっくいランド大成




2009年7月11日  北海道 車中泊の旅 56日目


7:00に起床すると雨が降っている。昨日の予報だと今日の天気は曇り時々晴れだったので、まさか雨が降っているとは思っていなかった。今日の北海道は全道的に晴れているらしいのだが、ここだけは雨らしい。全くついてないな。どこまでこの不ヅキ状態は続くのだろうか?
 




 

033_20180314015152207.jpg029_201803140151493b6.jpg
一時的に雨が止んだので海を眺めに行く。しかし直ぐにまた雨が降ってきたので車に戻る。
 
 



 
 
001_20180314015132d67.jpg
凄い雨
 
 
 
 
これだけ天気が悪いともうお手上げである。本来はこのまま海沿いを走って函館に向かいたかったのだが、今日の天気は南下すればするほど天気が悪いんだよね。だから南下するのはやめて今金町に向かう事にした。今金町にはHOの使える温泉があるんだよね。こんな天気の日は温泉で時間を潰すのがベストである。雨なので車の中でテレビをゆっくりと観てから10:00ごろに出発した。







003_20180314015134634.jpg
雨だとチャリダーは大変だよね。


北海道を一周しているのだろうか?この二人組は外国の方々だったのだが、この旅では外国人チャリダーの方々も多く見かけたわ。







005_2018031401513511c.jpg
もう最悪やわー。雨だとほんまテンション下がるんだよね。






007_20180314015137b6f.jpg
クアプラザピリカ /今金町



HOの使える温泉に到着。ここはスキー場もあって冬になると賑わっているのかもしれないのだが、この時期は閑散としていた。温泉無料パスポートを使わせてもらって風呂に入る。








温泉から出ると雨が酷くなっていた。







009_20180314015138de1.jpg
適当に周辺を流してみる。







013_20180314015140dd8.jpg
美利河ダム



ダム周辺も公園として整備されていて観光地化されていた。ここで少し休憩をしながら、携帯から天気予報を確認すると、洞爺湖方面に向かうのがベストみたいなので次は洞爺湖に向かうことにした。
函館に向かう予定だったのだが、まあ別に何が何でも函館に行きたいわけではないので、晴れている洞爺湖に向かうことにした。





そして豊浦まで来たのだが、一向に晴れてないんだけど。晴れるどころか雨が降り続けているんだけど。どないなってんねん。これやと洞爺湖に行っても確実に雨だよ。晴れている予報だったからこっちまで来たのに。ほんまに勘弁してくれよ。


洞爺湖に行っても雨だと思うので、洞爺湖に向かうのは止めて京極町方面に向かうことにした。







019_20180314015141fd5.jpg
14:40 真狩村に到着。ここはお気に入りの羊蹄山撮影ポイントなのだが、当然ながら羊蹄山はまったく見えなかった。






ここからは京極町に向かおうと思ったのだか、今日はドラクエの発売日なのでドラクエを買いに倶知安町に向かうことにした。基本的にゲームはやらないのだがドラクエだけはやる。たしか倶知安にはTSUTAYAがあったと思う。TSUTAYAならドラクエも売っているだろう。








020_20180314015143016.jpg
羊蹄山の湧き水
 
 
 
 
途中にある「羊蹄山の湧き水」で湧水を汲んでいこうと思って寄ったのだが、激混み状態で水汲み場が全然空かない。業者や自営業の奴らに独占されていた。ペットボトル1本に水を汲むだけなんだから譲れよカス!自分の隣で順番待ちをしていたカップルもめっちゃ怒ってはったわ






024_201803140151468c0.jpg
倶知安町



TSUTAYAでドラクエを買った後はイオンで食料を買い込んだ。







023_20180314015145e12.jpg
レルヒ中佐之像 



今日はここで寝ることにしたここは前からチェックしていた駐車場なんだよね。イレもあって既にキャンピングカーも停まっていた。
 






028_201803140151476ef.jpg
寝床の駐車場


 
車の中で買ったばかりのドラクエに没頭していると、突然手がめちゃくちゃ痒くなってきた。調べてみると手の何箇所かが虫に刺されていた。一体何の虫に刺されたのだろうか?たぶん昨日の賀老の滝で刺されたんだろうな。薬を塗って再びドラクエに没頭して本日終了である。