しょうきち

しょうきち

-
 
 
 
2009年7月31日  北海道 車中泊の旅 76日目
           

道の駅の第二駐車場は前回もそうだったのだが、20:00を過ぎると急に静かになるので、昨夜は快適な車中泊ができた。しかし 色々とプライベートな悩みもあってなかなか寝付けなかった。
今日は6:30に起床。起きると若干ではあるのだが雨がパラついている。歯を磨いて車の中で少し待機しながらテレビを観ていると、一気に天気が回復してきた。これは嬉しい。
今日はニセコの神仙沼に行こうと思っていたのだが、晴れるのなら登山がベストだな。ここからだと羊蹄山はすぐ近く(車で1時間)なのだが、羊蹄山に登るには既に今日は出遅れてしまっている。羊蹄山の隣には尻別岳があるので、今日はこの尻別岳に登ることにする。昨日 色々話したおっちゃんに挨拶をして7:30に出発。








国道5号
 
 
国道5号を通っていると羊蹄山が見えて来たのだが、羊蹄山は完全に雲に覆われてしまっていた。

ほんで尻別岳方面も天気が悪そうな感じだったので、今日はやはりニセコの神仙沼に向かうことにした



 


 

道道58号






神仙沼に向かう途中には、何となく気になる山が見えてきたので車を停めて少しこの山を見ていたら、何だかこの山に登りたくなってきた。この山は登れるのだろうか?

 







イワオヌプリ登山道入り口


 

五色温泉の近くにはイワオヌプリ登山道入り口があった。どうやらさっき見えた山がイワオヌプリらしい。たしかこの山は片道60分~90分くらいで登れる山だったと記憶しているので、まずはこのイワオヌプリに登ることにした。
 
 
 
支度を始めると、登山のスパッツやジャージ(上着)などを自分の車に忘れてしまっていた。昨日は自分の車からレンタカーに再び荷物を積み替えたのだが、その作業がかったるかったので、あまり使わないと思っていた荷物はそのまま自分の車の中に積んどいたままにしていたのである。その時に登山道具を積み替えるのを忘れてしまっていた。ズボンの予備はあるのだが、上着のジャージは予備がないぞ。山ダニが怖いので長袖を着ないわけにはいかない。止む無く普段着のシャツを着ることにしてスパッツも無しで登山をすることにした。
 

駐車場もがらがらなので車上荒らしもちと怖いのだが。大丈夫かな?









早速準備を済ませ9:10にスタートする。橋を渡ると直ぐに鳥居が見えてくる。







 

鳥居が見える。




鳥居のすぐ先に登山ポストがある。ここで年輩の夫婦の方が記入をしているうちに先に行かせてもらった。








 

 

鳥居の横を進むと段差の激しい階段が現れてくる。









やがて頂上が見えてくる。












ニトヌプリ


隣の山のニトヌプリも見える。










ゴロゴロとした石の上を歩いていく。











頂上の一歩手前辺りから撮影した五色温泉






 

あと一息



ぶっちゃけ楽勝な山である。




 
 



頂上付近に近づくと矢印が色々な場所にあるので、何処に進むのかがよく判らなかった。



 

 
 
 



あっという間に山頂に到着










1時間弱で登れる正に初心者向けの山であった。











倶知安市街
 
 
 
薄っすらと倶知安市街が見えた。羊蹄山は前方の山に隠れてしまっているので、ここからは見えない。雲が多かったので見晴らしはあまり良くなかったのだが、基本的には満足であった。










ニセコ五色温泉方面



 
 
 

体力的にもまだ十分に余裕があるので隣の山のニトヌプリにこのまま向かおうかな?












山頂の反対側に行くと大沼が見える。



 
ここから大沼を見ていると、とてもキレイに見えたので、このまま大沼へ向かうことにした。







 
 
  
 

案内板があるので道に迷う心配はなさそうである。








途中は広々とした道だったり・・・







急に狭い道になったり・・・
 
 




 

少し危険?な道もあった。









再び笹原を通る。この辺りでは大分疲れてきていたので辛かった。しかも 笹原なので山ダニに警戒しながら進んで行く。








再び視界が開けると見晴らしの良い場所に出た。とにかくここは誰も居ないのでめちゃめちゃ静かな場所であった






 
 

場所によってはめちゃめちゃ熊が出没しそうな雰囲気が漂っていた場所もあった。登ったり下ったりしながら進んで行くのだが殆どは下りの道である。これだと帰りは登りばっかりになるので帰りはかなり辛そうである。









 

川を渡って大沼に向かう。事前に何も調べていないので、大体何分くらいで到着するのかが判らないので少し不安になってきた。










やがて大沼が見えてきた。しかし ここから更に10分くらい歩く。なかなか到着しない。


 
 





そして11:55ようやく大沼に到着。








しかし この大沼は凄いの一言に尽きる。間違いなく(今の所)今年の旅でナンバー1の場所である。








写真からここの素晴らしさを伝えられないのが残念である。





鳥の囀りと波の音しか聞こえない。水は透き通っていて、白い?小さなザリガニも確認できた。











丁度 昼なので持参していたパンを食べるのだが、既に水が無いのが辛い。元々イワオヌプリだけの登山のつもりだったので、水は少ししか持ってきていなかったのである。






しかし めちゃめちゃ静かな場所である。誰も来る気配がない。








ここから見える山がさっき登ったイワオヌプリなのだろうか?この山の上空にかかる雲の動きはめちゃめちゃ速い。








観光地に訪れた時の天気と周辺に居る人の数でその場所に対する印象は大きく変わるだろう。ここも、もしも今日は曇っていて、周りに沢山の人が居たとしたら全然印象は違っていたと思う。

 



 

結局 この場所には90分くらい居たのだが誰も来なかった。喉も渇き天気も悪くなってきたので戻ることにする。







帰りは登り道が続くのでとてもきつかった。そして喉がカラカラなのが辛い。少しずつ休みながらゆっくりと戻って行く。










ようやく五色温泉が見えてくる。この辺りでは喉がカラカラで思考力が低下していたので、立派な道がるのに道を間違えてしまって更に体力を大幅に消耗してしまった。





そして15:15に駐車場に到着。パンツ以外は全部着替える。本来は隣の五色温泉にすぐにでも入りたいところなのだが、温泉よりもまずは先に冷たい水を大量に飲みたい。ここの近くには湧水の汲める場所があるので急いで湧水の汲める場所に向かった。










ニセコ湧水甘露水/さかもと公園



ここは5月にも来ている。


ここまで水を我慢していたので、1リットルくらいの水をガブ飲みした。まじで生き返ったわ。

 


 
五色温泉はまだ入ったことのない温泉だったので、このあとは五色温泉に行こうと思ったのだが、また五色温泉まで戻るのもめんどいので、今日はこのまま寝床の道の駅 名水の郷きょうに向かうことにした。











羊蹄山の湧き水/真狩村




羊蹄山の湧き水/真狩村



さっきのさかもと公園でもペットボトルに水を汲んだのだが、ここでも空のペットボトルに水を汲んで水の備蓄を完璧に補充していく。








京極温泉



京極温泉を満喫して休憩所で時間を潰してから道の駅に向かった。
 
 



 
 
 

道の駅 名水の郷きょうごく
 
 
 
今日はここで寝る。さすがに観光シーズンだけあって、ここの道の駅には19:00ごろまで観光バスがたくさん来ていた。

それにしても夜は暑かった。数日前までホテルでエアコンを全開にして寝ていたのが嘘のようである。というか、7月の下旬に暖房をつけて過ごしていた方が異常なのであって、考えてみれば、この時期に暑いのは当然なのである。 

明日からは8月となるのだが、8月の初っ端の天気は曇りらしい。明日は何処に行こうかな?