しょうきち

しょうきち

-
                      

雌阿寒温泉の公共駐車場


2009年9月3日  北海道 車中泊の旅 110日目


6:00 起床。朝起きて歯を磨きに行くと、丁度50代の単独の女性が今から山に登り始めようとしていた。さすがに人気の山である。平日でもこの山に登る人は多そうである。

軽くパンを食べて自分も準備を始める。それにしても天気が良いな。正に登山日和である。支度を済ませて7:10に出発する。









 

車中泊した雌阿寒温泉の公共駐車場
 
 
 
駐車場は二箇所にある。両方の駐車場には15台くらいの車が停車していて、既にみなさんは山に登っているらしい。

 





 

登山道入り口


この山はとても楽しみにしていた山である。
期待に胸を躍らせて登り始める。







 

登山道の至る所には噴火についての注意書きが立てられていた。雌阿寒岳は火山性地震が活発化していて、七合目から上は入山規制がされていたのだが、4月に入山規制は解除されていた。







 

まずはアカエゾマツ林を進んで行く。






 

二合目


人が多いので熊の心配はないだろう。







 

こんな感じの道が続く。黄色いペンキや赤いリボンの目印が至る所にあるので、道に迷う心配はないと思う。








木々の間を抜けながら進んで行くので、風が入ってこないから暑い。山ダニが怖いので半袖で登るのは危険である。







 

少し視界が開けてきた









四合目


 
アカエゾマツ林を抜けると次はハイマツ群に突入する。










オンネトーが見えてきた。








ここでしばらくオンネトーを見入ってしまった。






 

国道241号が見える。




 
 


標高が高くなるに連れてオンネトーの姿も少しずつ変わっていく。

 

オンネトーを見ながら、休み休み休憩をしながら進んで行く。
 






 

 



 

 

この辺りからは風がめっちゃ強くなってきた。歩いていると暑いのだが、休んでいると一気に寒くなってくる。
 
 





 



七合目

 






正面には阿寒湖が見えてきた
 




 
 

オンネトー



この辺りからはオンネトーが俯瞰できる。








 

山頂も近い






 



噴火や有毒ガスが発生した場合のサイレンが設置されている。







 

 

八合目









オンネトー
 






 

九合目


 
この辺りで早くも下山するグループとすれ違う。

あと一息。










赤沼


 
九合目からは火口(赤沼)が見える。噴き上がるガスの蒸気音が凄まじい。








 

 

しかし ネットで見たほど赤くはなかったかな。しかし 迫力は満点であった。











赤沼から少し進むと、今度は雄阿寒岳と阿寒湖が見えてくる。
素晴らしい眺めなので少し足を止めてこの光景に見入ってしまった。






 
 

おお~すごい~!!思わず声が出でしまったわ。







 



あと一息。