しょうきち

しょうきち

-


八合目
 
  


 

かつてここには雄阿寒岳観測所があったらしい。 




ここからの眺めもかなり素晴らしい。
 





 
 
  
 

何故か八合目には九合目の表示板が放置されていた。
 




 
  

雄阿寒岳観測所跡地
 
 

昭和19年から昭和21年まで気象庁の職員がここに常駐していたらしい。
 







 
 
 

八合目付近からの阿寒湖
 
 
 
めちゃめちゃ素晴らしい眺めである。 
 
 





 
 

ようやく山頂が見えた。
 
 




 
 


弟子屈町方面
 
 
 
 
山頂に向かう途中には国道241号が見える。摩周岳も見えた。
 
 
 




 
 
 

ズームで撮影
 
 
 


 
 
 

あと一息
 





 
 

3時間掛けて山頂に到着。
 
 





 
 

雄阿寒岳を制覇
 

山頂には6~7人の先客がいてた。
 
 


 
 
 
 

パンケトー



この湖が多分パンケトーだろう。国道241号の展望台からは見ることのできない湖である。


このパンケトーの湖畔まで行きたいのだが、現在は湖に通じる道が通行止めになっているのでパンケトーまで行くことはできないらしい。




 



 
 
パンケトーの奥には屈斜路湖が見えた。




 
 

摩周岳や西別岳が見える。 
 



 
  

阿寒湖方面
 
 
 
 
手前の山が、この山の八合目で、奥の山が雌阿寒岳と阿寒富士である。阿寒湖はこの八合目の奥にあるので、山頂からは見ることはできない。
 



 
 
 
 

ペンケトーも見える。
 
 



 

ペンケトー


 

  

自分が山頂に到達すると結構雲が多くなってしまった。そして、山頂には人が多かったのが少し残念であった。




山頂からの見晴らしは素晴らしい。この絶景を見ることができるので、山登りは辛いのだが、登山には魅かれてしまうのである。










 
山頂で適当に休憩をしていると、レンタカーのキーが落ちているのを発見した。しかし ここにいてる人の鍵ではないらしい。の鍵は今から下山するグループの方がとりあえず下(駐車場)に持っていくことになった。4人が下山したので、しばらく山頂は人が少なくなって、ゆったりとできるようになった。しかし かなり寒くなっきたので自分も下山することにした
 
体力が回復しているので猛スピードで下山して行くと拾ったキーを持って下山していたグループに追いついたのでレンタカーのキーは自分が預かることになった。
 
そして15:00に下山。しかし 該当するレンタカーはなかった。多分鍵を落としたのは今日ではないのだう。めんどうなのだが、このレンタカーの鍵は警察に届けることにした。
駐車場の前では工事をしていて、自分の車の近くには警備員が居るのだが、御構い無しにパンツまで着替える。着替えを済ませて阿寒湖の交番に鍵を届けてから寝床の弟子屈町に向かった。


 
 
 
 
  
 

摩周温泉ホテル ニュー子



弟子屈町に到着。HOを使って温泉を満喫する。
 





 

   

寝床の水郷公園/弟子屈町
 

 
17:00過ぎ寝床の駐車場に到着して本日終了である。水郷公園に到着すると、他には誰も居なかった。本当は今から摩周湖に行きたかったのだが、もうくたくたなので今日はこのままここで終了となった。