しょうきち

しょうきち

-
 
 
2009年9月11日  車中泊の旅 118日目
          
                                
昨夜は沢山駐車場が空いているのに、何故か車を隣に停められたので居心地が悪かった。あとブログには書いていないのだが、私的な悩みで連日夜は憂鬱である。特に昨日は私的な悩みに加えて、隣の車もうるさかったので、昨夜はとても気分を害してしまった。この私的な悩みは、徐々にストレスとして体に蓄積されていく。やがて体調に支障をきたすレベルにまでストレスが溜まってしまった。
 
 

今日は5:30に起きたのだが寒くて布団からなかなか出られなかった。意を決して布団から出て歯を磨きに行くと今日も朝から晴れているので嬉しい。今日は晴れていれば登山と決めていたので、今日は摩周岳に登ることにする。


天気予報によると午前中は晴れるのだが午後からは曇るらしい。午前中が勝負なので、急いで身支度を済ませて6:50に出発する。
 
              


               
 

真ん中の山が西別岳である。
 


 
摩周岳には二箇所の登山道入り口があるので、どちらのルートから登るかかなり悩んだのだが、西別岳経由で摩周岳に登ることにした。



 
 

正面の山が西別岳である。
 
 

 

程なくして登山道入り口に到着。
 

昨日痛かった足は今日は痛くはないので登山に支障はないだろう。



 
 
 
到着すると誰も居ない。 一番乗りであった。 
一番最初に山に登るのは新鮮な感じがするので嬉しい。支度をして7:45に登り始める。



 
 

最初の5分くらいは視界の開けない道を進んで行く。
 


 
 

 西別岳まであと2.6km
 

  
 

 5分くらい歩くと視界が開けてくる。
 


 

 振り返ると根釧原野が広がってくる。逆光なのだが眺めはいい感じである。
 
  

 



しかし この山はいきなりキツかった。



 

案内板にもがまん坂と書かれているのだが、とにかく急勾配できついんだよね。
 


 
 

少し登っては足を止めて根釧原野を眺めながら少し休憩する。この繰り返しで少しずつ登っていく


 
 
 

登れば登るほど視界が広がっていく。写真だと逆光でいまいちなのだが、実際の眺めはかなり良かった。
 

 
 

 

がまん坂を登りきると次はお花畑コースとなる。しかし時季が悪くて花はあまり咲いていなかった
 


  
 

リスケ山
 
よく分からないのだが、西別岳には、リスケ山、北西別岳、又牛別岳、そして西別岳と四つの山頂がある。
 
 


 
 

右側には斜里岳が見える。山頂が雲に隠れている山が斜里岳である。
 

 
 
 

 ここでリスケ山と西別岳に分岐する。とりあえず西別岳に向かった。