しょうきち

しょうきち

-
  

車中泊をした開陽台
 
 
2009年9月12日  北海道 車中泊の旅 119日目
                       
                                                
今日は5:00に観光客の鳴らす鐘の音で叩き起こされた。もう少し寝ていようと思ったのだが、寒くて寝れなかったので結局 布団の中で30分くらい縮こまっていた。そして5:30に起床。歯を磨いてから、缶コーヒーを飲みながら展望台に向かう。
 





 
朝早いのだが、観光客も既に訪れていた。 








寝起きの眺めとしては最高だったのだが、しかし もうすぐこの光景ともお別れである。いつまで北海道に居るのかは分からないのだが、どんなに長くても旅はあと1ヶ月程度だと思う。






 

摩周岳方面
 



 

知床方面。 
 





車に戻って朝食を食べながら、車の中から景色を見ていた。





しかし 昨日ここで車中泊をしたのは失敗だったな。斜里岳の近くで車中泊をしていたら今日は斜里岳に登っていたんだけどな。


今から斜里岳に登るにはもう出遅れているしな。今日は何処に行こうかな?



特に当てもないのだが8:20に出発する。
 
 






 

北19号線
 





 
このあと中標津市街のショッピングモールに行ったのだが、 ショッピングモールはまだ閉まっていたので中標津を適当に車で流すことにした。 
 
 



 

 

ここも結構ジェットコースターの道みたいな道路であった。
 


 
 

 

中標津町

  

 

道道150号
 
 

養老牛方面に行ってみる。











 

 


 この辺りの道はミルクロードと呼ばれているらしい。
 





 

 養老牛温泉に到着。
 
 

 
養老牛温泉の共同駐車場?にはテントを張っている人が居た。また車中泊みたいな感じの車も停まっていた。ここで車中泊をしたら夜はとても静かそうである。



温泉に入ろうと思ったのだが、ここの温泉は日帰り入浴ができるのだろうか? 

まあ 大して風呂に入りたいわけでもないので、温泉には入らずに中標津市街に戻ることにした。
 






  
 

 

モアン山
 








この近辺を走っていると、とりわけ目立つのがこのモアン山である。

 
 
 



 
中標津の市街地に戻る途中、南西方面は雨雲に覆われていた。今日は夕方から雨らしいので、この雨雲はどんどんこっち(中標津)に来ている。晴れるのは午前中までか?
 
 




 
 
 
 
 

モダ石油で給油をしてから新酪農村展望台に向かった。
 
 
 
 




 
新酪農村展望台




 
ここには立派な展望台がある。
 
 





 
                    

新酪農村展望台



到着すると完全に曇ってしまっていた。
 
 





 
 

曇っているのが痛い








ここは交通量も少なく長閑な光景が広がっていた。晴れていれは素敵な景色が期待できるのだが、この天気ではあまり来る価値はないかな。
 
 






 
 

新酪農村展望台 
 
 

 
バイクが一台来たのだが展望台には上らずにすぐに去っていった。
 
 






 
 

牛も放牧されていて、長閑な景色が広がっていた。
 







 
 
 

 国鉄標津線 奥行臼駅











奥行臼駅にも寄ってみた。



 


 
 

 
 

風連線奥行臼停留所
 

 



風連線奥行臼停留所
 
 

奥行臼駅の近くには古い車両も展示されていた。










予約したホテル






明日は天気が悪くて斜里岳は無理そうなので今日は宿に泊まることにした。予約した弟子屈町のホテルに早めに入って本日終了である。


今日はルート選択を間違えてしまった。晴れている午前中に新酪農村展望台に行くべきであった。