しょうきち

しょうきち

-
 002_20180318072436987.jpg
道の駅パパスランドさっつる
 
 

 
2009年9月15日  北海道 車中泊の旅 122日目

 
5:10 起床。歯を磨きにトイレに行くと、5:00過ぎからトイレ掃除をしている。掃除中に恐縮なのだがトイレを使わせてもらい歯磨きも済ませる。


今日は斜里岳に登る予定である。しかし 道の駅から見える斜里岳の周辺には雲が多い。予報を確認すると、午前中は晴れるらしいのだが、午後からは曇りとなって夜は雨になるらしい。どうしようかな? 何となく調子も悪い。周辺を見渡すと雲が多いので天気の崩れは早そうである。 折角 登ったのに、山頂に到着したら何も見えなかったみたいなことになったら最悪である。 結局 色々と考えた末、今日の登山は中止することにした。
 


斜里岳を中止にしたので今日は知床五湖にまずは行ってみる事にした。
 






 004_201803180724388be.jpg
斜里岳と清里町焼酎醸造事業所
 
 

上空は少し青空の見えている場所もあるのだが、基本的には曇っている。
 





 
 P9150001.jpg
611の丘
 

知床に向かう途中には611の丘があるので、611の丘に少し寄り道。
 
 




P9150005.jpgP9150004.jpgP9150008.jpg
611の丘


 




P9150012.jpg
オシンコシンの滝に寄り道。さすがに この時間だと観光客は殆ど居ない。
 
 



 P9150017.jpg
トイレの前には猫がいる。
 
 
 
  
 
P9150016.jpg
ここの滝では有名な猫である。名前はノラという名前らしい
 
 



 
P9150018.jpg
かなり観光客慣れしていて、人間が近づいても微動だにしない。



2010年3月19日 永眠

さようならノラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この頃から急激に体調が悪くなってきた。やはり 山に登らないで良かったわ。
 
 




 

008_201803180724405c8.jpg
道の駅うとろ・シリエトク
 

 
道の駅に寄り道。結構 車中泊の車も多くいた。
 
 
 

 
P9150021.jpg
プユニ岬
 

ウトロの温泉街が一望できる。
 
 




 011_20180318072441e37.jpg
道道93号
 
 


 012_20180318072442dab.jpg
知床五湖駐車場の少し手前の場所
 
 


この辺りはうまく言えないのだが、独特の雰囲気を醸し出していた。
 
 





P9150023.jpg
知床五湖レストハウス
 
   
 
7:50 知床五湖に到着。既にそこそこの車が駐車場には停まっていた。
 
 




 P9150024.jpg
知床五湖から先にあるカムイワッカ地区へはシャトルバスでしか行くことができない。
 
 



P9150022.jpgP9150026.jpgP9150027.jpg
知床五湖
 

 
知床五湖はヒグマの生息地の中にある。熊が出没すると、三湖から五湖までは立入禁止となるのだが、今日は五湖までの散策が可能となっている。
  





P9150028.jpg
支度をして8:00に散策を開始する。
 
 



   P9150029.jpgP9150030.jpg
一湖


入り口から数百メートル進むと、まずは一湖がある。
 
 



 
P9150033.jpg
二湖
  
 



 P9150040.jpg
三湖




 

P9150042.jpgP9150044.jpg
四湖
 

しかし この知床五湖はあんま来る価値のない湖だったかな。どこの湖に行っても常に観光客がいてるので静寂感などを味わうことができないしね。
 
 



P9150048.jpg
五湖
 
 


やはり真簾沼、ニセコの大沼、そして昨日訪れた羅臼湖が凄すぎたので、この知床五湖はいまいちに感じてしまった。人が居なければ大分雰囲気も違っていたのかもしれないのだが・・・
 






 
P9150050.jpg
知床五湖高架木道
 
 
 
五つの湖を見たあとは、高架木道を通って展望台に行ってみる。
 




 
 P9150051.jpg
この高架木道の両サイドには電気が通っているので熊の心配は無いらしい。
 




 
P9150054.jpgP9150056.jpgP9150055.jpg
知床連山の眺めが素敵であった。
 
 
 



 
 
 
車に戻ると9:00である。 この時間になると観光バスも沢山来ていて知床五湖は人で溢れていた。


さすがは世界遺産の知床である。しかし これだけ観光客が多いと、知床の自然は少しずつ確実に破壊されていくだろうな。


人の多い場所にはあまり居たくないので、もう知床からは離れることにする。
 
 
 
 
 
P9150057.jpg
知床自然センター
 
 
 
途中、知床自然センターに寄り道をすると、館内には羅臼岳に登る人への注意書きが貼られていた。それによると、一部の登山道には雪が残っているので、雪に対応できる靴を履いて山に登ることを強く推すとの内容が書かれていた。たった一つの山に登るために、わざわざ靴を買うのもアホらしいよね。どうしようかな?





 
次は何処に行こうかな?しかし 特に行きたい所もないので、とりあえず斜里市街に向かうことにする。
 
 




 P9150059.jpg
遠音別川
 
 
 
途中 オシンコシンの滝の近くにある遠音別川に寄り道をすると、遡上するサケを沢山見ることができた。
 
 



 P9150061.jpg
以久科原生花園付近の海岸 
 
 
 

以久科原生花園に寄り道。ここは原生花園と海岸が繋がっているので、海岸から少し海を眺めていた。
 


 
 
 P9150062.jpg
清里町






P9150068.jpg
清里町
 
 
周辺の道を適当にドライブした。
 
 




 
P9150069.jpg
宇宙展望台に来てみた
 

 
  
 
 
P9150071.jpg
宇宙展望台


斜里岳は山頂付近が雲に隠れてしまっていた。展望台は風が強くてとても寒かった。
 
 
 



P9150072.jpg
ここの展望台からの眺めは結構お気に入りである。




 P9150073.jpg
キャンプ場方面 
 
 
 


 001_20180318074221917.jpg
道の駅パパスランドさっつるの駐車場から撮影の斜里岳
 
 
 
 
15:00 道の駅に到着。かなり調子が悪くなってきた。むっちゃ寒気がする。薬を飲んだら眠くなってきたのでしばらく寝ていた。目を覚ますと16:00を過ぎていたので今日もここで寝ることにした。
 
天気予報によると明日も天気が悪いらしい。 しかし 明日 天気が良かったとしても、明日は体調不良で斜里岳には登れないと思う。 週末からは五連休となるので、連休中も山には登ることができない※混んでいるのが嫌だから。 
失敗したな。もっと早めに、この山には登っておくべきであった。



色々考えたのだが今年はもう羅臼岳には登らない事にした。もう時間がだいぶ限られてきたので、消去法で羅臼岳はパスをすることにした。残りの利尻島、礼文島、羊蹄山、斜里岳は何とかクリアしたいと思っているのだが、もしかしたら羊蹄山もパスするかもしれない。