しょうきち

しょうきち

-
 
 
2009年9月20日  北海道 車中泊の旅 127日目
                                        
 
今日も寒くて5:20に起きてしまった。天気予報を聴いていると、今日は今月一番の冷え込みだったらしくて朱鞠内は0.8度まで気温が下がったらしい。


歯を磨きに外に出るとたくさんの車が車中泊をしていた。昨夜は完全にキャンプ場と化していたのだが、21:00ごろからは意外と静かになったので、昨夜は車中泊の車が多い割りには静かに過ごすことができた。




今日は何処に行こうかな?有名な観光スポットなどは、どこに行っても大混雑しているだろうな。 とにかくこの大型連休中は色々と制限されてしまうのが痛いんだよね。殆どの温泉でHOが使えないのも地味に痛い。


何処に向かうか色々と考えたのだが、今日は浦幌町とか大樹町に行ってみることにした。この辺りなら観光客もそんなに居ないと思ったからである。


7:00出発。
 
 





 
 

恋問海岸/白糠町
 

 
途中 道の駅しらぬか恋問に寄ってみると、凄い数の車が車中泊をしていた。




 

 

国道38号
 


 
 

白糠駅
 

 
 

白糠駅前 
  



 

北海道道1038号直別共栄線
 
 
 
道道1038号に抜けて海沿いの道を通って行く。
 
 




 

海岸ではたくさんの人が釣りをしていた。




 
 

適当な場所で少し休憩をする。
 


ここはお気に入りの海岸である。去年もここでぼけっと海を眺めていた。
 
 

 
 
 

昆布刈石展望台
 



昆布刈石展望台に寄り道。
 

 
 
 

牛が放牧されている。長閑な光景である。
 

 
 


 

道道56号




道道56号



浦幌炭鉱跡地に行ってみることにする。

 




 

北海道道500号音別浦幌線
 
 
 
道道500号線に入ったらあとは道なりである。途中 福山という集落(集落といっても民家が一軒あるだけである)を過ぎると、あとはもう何もない。
 







 

途中には名前のわからない沼があった。何となく美瑛の青池に少し似ている感じがした。
 





 
 
 

道なりに進んで行く。
 




 
 

     

やがて廃アパートが現れてくる。
 




 

このアパートは炭鉱の社宅である。
 
    

     

 

ここのアパートは遺構として保存されているらしい。
 
 

 
         
 

道はまだ続いているのだが、ここから先はダートとなる。


 
 
 
 

浦幌炭砿
 
 
 
炭鉱は昭和29年に閉山したらしい。昭和40年頃までは住民もまだこの場所に住んでいたようだ。
 
 






 

みらいの森
 
 

この辺りが当時一番賑わっていた場所らしい。現在は「みらいの森」として遊歩道などが整備されているのだが、とにかく誰も居なかったので不気味な場所であった。
 







 




 


 




ここで行き止まりであった。
 
 
 

このあとはまた海沿いに向かうことにする。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

道道912号



海沿いを適当にドライブしていたのだが、この頃から天気が悪くなってきた。今日は快晴だと思っていたので、曇ってきたのはショックであった。
 
 





 

長節湖
 



長節湖
 

 
興味ない場所なのだがとりあえず寄り道。


 
 
 
 
 
 

北海道道1051号湧洞線
 


 
次は湧洞湖に向かう。

 
 
 
 
 
 

湧洞湖展望台から撮影
 
 
 
ここの展望台からは海と湖が見渡せる。
 
 






 
 

左には太平洋が見えて、右は湧洞湖が見える。
 





 
 

湧洞湖 
 
 




 

晩成温泉に向かう。
 






 

晩成温泉
 
 


ここは有名な温泉なのでめっちゃ混んでいた。  
 
 







 

生花苗沼
 

 
温泉のあとは生花苗沼に寄り道。
 






 

晩成温泉付近で撮影



 

晩成温泉付近で撮影
 





 

柏林公園/大樹町    
 
 

 
今日はここで寝る。写真の左側の場所は公園らしいのだが、一組の家族がテントを張っている。始めはキャンプ場かと思ったのだが、どうやら公園に無理矢理テントを張っているようである。



明日は午後から知人と合流する予定なので、明日の午前中は豊似湖に行ってみようと思う。