しょうきち

しょうきち

-
IMG_4525_20180120042656266.jpg
北追岬キャンプ場
 

2014/5/29  北海道 車中泊の旅 29日目
 
昨日は風が強くてびびっていたのだが20:30には寝てしまっていた。寝袋を二つ持参していたので特に寒さを感じることはなかった。そして今日は5:50に目が覚めた。外に出るとめっちゃ寒い。トイレを済ませて再び寝袋に入る。1時間弱うとうとして7:00に目覚ましの音で起床。外は寒いのでスマホをいじくったり、ラジオを聴いたりしてテントの中でまったりする。天気予報によると今日はかなり暑くなるようである。特に内陸方面や北見などは30℃まで気温が上がるらしい。

8:10 テントの撤収作業に取り掛かる。ここのキャンプ場は岬の先端に位置しているため風が強いのでテントを畳むのも一苦労であった。しかし 荷物が多いな。たった一泊なのだが、とにかく無駄な荷物の多さには閉口してしまった。





IMG_4522_20180120042653eaa.jpg
特に邪魔なのがこの雨ガッパ。見た目は小さいのだがとにかく重い。寝袋よりも重いので本当に邪魔である。でもカッパがないと突然雨に振られた時に困るからなあ・・・





IMG_4523_20180120042654f37.jpg
一番邪魔なのがこのガスボンベである。炎天下の車内にガスボンベを放置しておけないので持ってきていたのだが、とにかくこれが一番邪魔である。あと、万が一 パトロール中の警官に職質されて、このガスボンベを見られたらややこしくなってしまうな(笑) ※この時期、北海道では札幌連続ボンベ爆発事件が発生していて連日大きく報道されていた。その後も札幌では愉快犯による模擬事件が続出していた。 
 




IMG_4526_20180120042657769.jpg
あと このスピーカー付きのフロントバックも全然使い物にならない。缶コーヒーを4本入れたらもうパンパンである。
 



IMG_4527_201801200426592ff.jpg
撤収完了

今日は16:05発のフェリーで帰る予定なので時間的には余裕である。フェリーターミナルまでは約40km位なので半日もあれば十分だろう。




IMG_4529_201801200427007d8.jpg
8:55出発。曇り空からのスタートである。




IMG_4530.jpg
神威脇温泉

二階の展望風呂に入っていこうかなとも思ったのだが やっぱスルーした。





IMG_4531_201801200426339f3.jpg
キャンプ場方面




IMG_4532_20180120042635287.jpg
神威トンネル




IMG_4534_2018012004263645d.jpg
晴れてきた




IMG_4535_20180120042638c07.jpgIMG_4536_20180120042639c5a.jpgIMG_4537_2018012004264137a.jpg
年季の入った案内板

錆びた案内板には幌内温泉と書かれていた。





IMG_4539.jpg
峠越えかよ。聞いてないわー。てっきり海岸沿いを走って行くのかと思ってたわ。




IMG_4540_20180120042644b52.jpgIMG_4541_20180120042645608.jpg
幌内地区




IMG_4542_20180120042647bd3.jpg
もうしんどいって・・・




IMG_4543_20180120042648435.jpg
ひたすら上っていく




IMG_4547.jpg
blog_import_5a1c4bc4af037_201801200431411bb.jpeg 
あそこまで行くのかよ




IMG_4548.jpg
IMG_4554.jpg
ようやく山頂にたどり着くも山頂付近には特に何もなかった。あるのは自衛隊の基地くらいだけであった。




IMG_4556_20180120043255e88.jpgIMG_4557_20180120043227af5.jpg
球島山の山頂からは大パノラマを望むことができるらしいのだが・・・





IMG_4558_20180120043228bbb.jpg
ここの道を上っていくと球島山山頂なのだが、曇っているので球島山山頂はスルーする事にした。こんな天気で行ってもしょうがないしね。





IMG_4559.jpg
ここからは下りが続く。




IMG_4561_201801200432313a6.jpg
球浦地区

放牧地が広がってきた。





IMG_4563.jpgIMG_4565_201801200432340ce.jpg
奥尻牛

のどかな放牧地帯を抜けて稲穂岬に向かった。




 
IMG_4566.jpg
ひたすら下りだったのだが途中からダートになった。緩い下りなのだが大量の荷物を積んでいるので、このダードの下りはかなり危険だったわ。

 




IMG_4567.jpg
IMG_4568_20180120043238c71.jpgIMG_4569_20180120043240f78.jpg
峠越えをしたかと思ったらまた上りかよ。もうしんどいわ。

しかも工事をしていて作業員がたくさんおるやんか。

案の定 現場を仕切っていると思われる若い作業員が自分をガン見している。うわ~このおっさんいい歳して仕事もしないで自転車で旅してるよ~って思われていたと思うわ(笑)
 
 




IMG_4570_2018012004324137d.jpgIMG_4571.jpg
IMG_4572_2018012004324417c.jpg
集落が見えてきた






IMG_4573_20180120043246957.jpg
賽の河原

小さな集落を通過して最北端の稲穂岬に到着。







IMG_4574_20180120043247ea3.jpg
稲穂岬は賽の河原として有名な場所である。





 
IMG_4577_20180120043250a0f.jpg
賽の河原公園キャンプ場

ここはキャンプ場にもなっているんだよね。

賽の河原に到着すると見るからにイタそうな三人組が(DQN仕様の)バイクに乗ってぐるぐるとキャンプ場周辺をバイクで回っていた。

この三人組は地元の人間なのだろうか?とても地元の人間には見えないのだが観光客にも見えないぞ。全くの謎なのだが・・・何でこんなのが奥尻島に居るの?

とりあえず彼らから逃げる(笑)

 




IMG_4578_2018012004375928a.jpg
IMG_4576.jpg
賽の河原公園キャンプ場





IMG_4590_20180120043749522.jpg
IMG_4589_2018012004374797b.jpg
賽の河原公園

折角 楽しみにしていた賽の河原に来たのだが、あの三人組が気になってしょうがない。こっちに来て因縁をつけられたらどうしよう(笑) 
 
 




IMG_4588_2018012004374674d.jpg
IMG_4591_201801200437504c9.jpg
海辺には石積みが広がっていた。





IMG_4585_2018012004374511e.jpg
地蔵堂





IMG_4597_2018012004375295c.jpgIMG_4603_201801200437568d5.jpg
たくさんのお地蔵様が祀られていた





IMG_4605_2018012004375850f.jpg
祀られていたお人形


一通り賽の河原を見終わったので、キャンプ場を後にして次の場所に移動したかったのだが、まだあの三人組が居る。彼らの前を通りたくないのでトイレ付近に腰を下ろしてしばらく休憩をする。彼らが居なくなるまでここで待つことにする。

しかし、なかなか三人組は移動しない。

10分後、どうやら彼らは移動するようだ。ここから出て行くのだろうか? 

やばい、こっちに来たよ。
 
移動するのかと思ったら今度はメイン通路でバイクを乗り回しはじめた。 これで完全に自分はここから出れなくなった(笑)

自分のヘタレ加減にも呆れていたのだが、何でこの奥尻島にこのイタい方々が居るのかが最大の謎であった。

20分位したらようやくイタい三人組が移動したので安堵する。彼らと距離を取りたかったのでさらに10分位休憩してから自分も移動することにした。30分近く寒い中で休憩していたので体は冷えまくっていた。