しょうきち

しょうきち

-

IMG_1903_2018011309144252c.jpg
初山別村キャンプ場の駐車場


2015年6月17日 水曜日  

5:00に起きると霧が激しい。こんな天気なら早起きする必要はないので再び寝て6:20に起床。霧は先ほどとまったく一緒でまわりは深い霧に覆われていた。





IMG_1905_201801130914448ff.jpg
歯磨きを済ませた後はお湯を沸かす。ここならお湯を沸かしても問題はないだろう。コーヒーを飲みながら天気予報を見てみると今日の予報は晴れである。今は曇っているのだが、時間が経てばこの霧もきれてくると思うので、霧がきれるまでは動画を見て時間を潰していた。しかし、8:30になっても霧は全然切れないので、とりあえず出発することにした。





IMG_1907_20180113091415c85.jpg
霧でキャンプ場からは何も見えない。




IMG_1910_2018011309141879c.jpg
国道232号

今日は羽幌炭鉱跡からスタートする予定なのでまずは羽幌に向かう。曇っているのだが内陸に入れば多分晴れていると思うので、天気に関しては特に心配はしていない。





IMG_1912_20180113091419d06.jpg
道道356号を通って羽幌の内陸部に入っていく。





IMG_1915_20180113091423c09.jpgIMG_1914_20180113091421d7e.jpg
羽幌町立築別中学校

道道356号に入るとすぐに閉校した小学校が右側にある。植木が綺麗に手入れされていたので、たぶん現在は個人所有になっているのだろう。





IMG_1921_20180113091425674.jpg
道道356号




IMG_1924.jpgIMG_1928_20180113091430ef7.jpg
羽幌炭礦鉄道の橋梁

道道沿いには45年位前に廃止になった鉄道遺構が現在も残っている。





IMG_1925_2018011309142868e.jpg
廃屋もちらほらと見かけた。




IMG_1926_20180113091429b52.jpg
納屋




IMG_1931_20180113091431490.jpg
IMG_1937_201801130914353b7.jpg
道道356号

予想通り山奥に入ってきたら晴れてきた。


ここの集落を越えると もうこの先に民家は無い。






IMG_1934_20180113091433c68.jpg
ここから先が築別炭砿地区と呼ばれている場所である。最大で6,000人位の方々が住んでいたらしい。





IMG_1990_2018011309221083a.jpg
初山別村に向かう道道612号はずーっと通行止めになっている。

足が痛くなければチャリで行ける所まで行こうと思っていたんだよね。だから、まじで足を傷めたのが悔やまれるわ。





IMG_1985.jpg
太陽小学校

通行止めゲートのすぐ近くには太陽小学校がある。





IMG_1984_201801130922053df.jpg
太陽小学校




blog_import_5a1c2582764f9_20180209203727b78.jpeg 
※2010年5月撮影

ここは2010年に一度だけ中に入った事がある。





IMG_1987.jpg

羽幌町は炭鉱遺構を観光名所にして観光客を呼び込もうとしている。






IMG_1939_201801130914376fe.jpg
太陽小学校のすぐ先にあるホッパー。この奥には選炭工場があったらしい。


ここに訪れるのは四度目である。なぜだかは分からないのだが、ここには何回も来たくなってしまうんだよね。





IMG_1970_201801130922029e7.jpgIMG_1967.jpg
ホッパー




IMG_1943_20180113091438a87.jpg
ホッパーのすぐ近くには鉄道遺構が残っている。この付近に終点の駅があったらしい。

もの凄い静かな場所である。この辺りに商店街があった事が信じられない。





IMG_1947_20180113091440473.jpg
廃炭砿アパート

草木が覆い茂っていて廃アパートは殆ど見えない。廃アパートの右奥に行くと坑口浴場跡があるらしい。




blog_import_5a1c258f8587d_20180209203944a1b.jpeg 
※2010年5月撮影

昭和44年に入居を開始したらしいのだが、その翌年に炭鉱は閉山したらしい。ここのアパートに住んでいた方々は、どんな心境でここを離れたのだろうか?






IMG_1948_20180113091440f5a.jpg
廃アパートの前にある消防署の廃墟





IMG_1949.jpg
羽幌炭砿鉄道病院

前回訪れた時よりも痛みが激しい。もう 次に来た時には完全に崩れているかもしれないな。





blog_import_5a1c25958891b_20180209204051cb3.jpeg 
※2010年5月撮影


2010年頃にはまだ原形を留めていた。



一昨年まではここから先は通行止めになっていたのだが、今日はゲートが開いていてこの先にも行けるので行ってみたのだが・・・





IMG_1951_20180113092154367.jpgIMG_1952.jpg
築炭ゲート

1000m程度ですぐに通行止めになっていた。





IMG_1954.jpg
Uターンして車を停めて外に出てみると、もの凄い静かな場所であった。鳥のさえずりと虫の鳴き声しか聞こえない。ここも昨日の峠下駅と一緒で 都会の喧騒とは無縁の場所であった。





IMG_1957.jpg
写真の左にはプール、スキー場、幼稚園などがあって、写真の右には中学校や野球場があったらしい。




IMG_1961_20180113092159a3e.jpg
ここ(築別炭砿地区)に6,000人が住んでいた事を考えるとやはりこの光景は異様である。





IMG_1993.jpg
次は上羽幌に向かう。





IMG_1992_20180113092211270.jpg
曙小学校




IMG_1994_20180113092214ed1.jpg
IMG_1995_201801130922166d1.jpg
道道714号




IMG_1997_2018011309214818b.jpg
北辰中学校



IMG_2004.jpgIMG_2005_201801130921507b4.jpg
羽幌本坑のホッパー

ここにも案内板が立てられていた。案内板には立ち入り禁止と書かれているのだが、立入禁止と言われたら逆に進入したくなるだろう。



 
 
IMG_2008_201801130929055cc.jpg
ここを左折して道道714号の行き止まり地点まで行ってみる。





IMG_2010_2018011309290835c.jpg
上羽幌炭住廃墟群




IMG_2011.jpg
ここに来るのは二度目である。




IMG_2013.jpg
この付近もやはり異様な雰囲気の場所であった。
  



IMG_2015_20180113092911474.jpg
炭住廃墟群から数km進むとすぐに行き止まりになった。

あれ、昔はもうちょい先まで行けたと思ったのだが・・・まあ、いいや。


これで羽幌炭鉱跡巡りは終了である。






IMG_2016_201801130928503bb.jpg
道道747号

羽幌市街に向かう。





IMG_2020_201801130928521e4.jpg
羽幌市街




IMG_2039.jpg
道の駅でトイレタイム





IMG_2038_20180113092859d62.jpg
道の駅の隣には公園があって公園内には小さなバラ園もある。





IMG_2028_2018011309285657b.jpg
はぼろバラ園

まだバラは殆ど咲いていなかった。






IMG_2024.jpgIMG_2026_20180113092855c06.jpgIMG_2030.jpg
咲いていたバラ


この後は北上して天塩方面に向かった。