しょうきち

しょうきち

-

IMG_2910.jpg
アゼチの岬/浜中町


2015年6月23日 火曜日   


5:30に起きたのだが寒くてなかなか寝袋から出ることができない。あまりにも寒いので温度計を見てみると車内の温度は10℃しかなかった。道理で寒いわけだ。寒いのだが根性で起きて歯を磨きにいく。外に出てみると風が吹いているので体感的には真冬レベルの寒さに感じた。





IMG_2911.jpg

アゼチの岬/浜中町



しかしよく寝たな。昨夜は20:00には寝ていたので9.5時間も眠ってしまった。慣れとは恐ろしいもので、こんな劣悪な車中泊の環境下でも最近は普通に眠れるようになっていた。9時間半もこの狭い車内の中で窮屈な態勢で寝ていたのだが、特に体や腰にも痛みはない。旅の初っ端は車中泊をすると肘や腰にもの凄い負担が掛かっていたのだが、最近は色々と体への負担を減らす工夫をして寝ていたので、気が付くとこの狭い車内での車中泊があまり苦痛には思わなくなっていた。




IMG_2914.jpg
アゼチの岬/浜中町


歯を磨いた後はコーヒーを飲みながら周辺を散歩していたのだが、余りにも寒かったので途中で引き返して車内に戻った。車に戻って天気予報を見てみると今日の予報は曇りになっていた。今日は道道123号(浜中~別海区間)と道道13号の完走と標茶温泉に行く予定である。標茶温泉に入った後の予定はまだ決めていないのだが、明日は帯広で用事があるので、今日は帯広方面で車中泊をしようと思っている。






IMG_2915_2018011508003718b.jpg

アゼチの岬/浜中町



昨夜は他に誰も居なかったので快適に過ごせたし、よく寝たので今日は朝からめちゃめちゃ気分がいい。






IMG_2916_20180115080038d43.jpg

気分の良いまま6:30に出発。まずは隣にある霧多布岬に向かう。







IMG_2917_20180115080040eec.jpg
IMG_2918.jpg
IMG_2923.jpg
道道1039号


めちゃめちゃ寒いので今日はエアコンをつけている。





IMG_2920_201801150800438db.jpg
霧多布岬に向かう途中の道道沿いには馬が放牧されていた。






IMG_2933.jpg

霧多布岬駐車場/浜中町



まだ朝早いので霧多布岬の駐車場には誰も居なかった。






IMG_2935_20180115080050d95.jpg
霧多布岬/浜中町


めちゃくちゃ寒い。




IMG_2936_201801150800527ad.jpg
IMG_2938_20180115080055a55.jpg
霧多布岬/浜中町


寒いので写真だけ撮って速攻で車に戻った。





IMG_2934_201801150800493cc.jpg

霧多布岬駐車場/浜中町



土産物屋が三軒あるのだが、そのうちの二軒は休業している。





IMG_2939_20180115080056eed.jpgIMG_2942_2018011508003100a.jpg
なんか寂しいよね・・・






IMG_2940.jpgIMG_2941.jpg
霧多布岬の土産物屋






IMG_2925.jpg
霧多布岬の少し奥にあるキャンプ場


キャンプ場では5台位の車が車中泊をしていた。




 IMG_2928_20180209233025d31.jpg
キャンプ場のすぐ近くにある湯沸岬灯台。


灯台まで行こうか迷ったのだが、寒いので行くのは止めたわ。





IMG_2950_201801150807168df.jpg

道道123号



霧多布岬に寄った後は道道123号を通って別海方面に向かった。





IMG_2948_20180115080713a13.jpg
浜中町役場





IMG_2949.jpg
道道123号


道道123号を通って別海までドライブするのを楽しみにしていたのだが、まさかの雨が降ってきた。今日は曇りの予報だったのだが、まさか雨になるとは思っていなかったので、この雨はまさに寝耳に水であった。





IMG_2950_201801150807168df.jpg
道道123号


今日は朝から気分が良かったのだが、この雨によってテンションはだだ下がりになってしまったので、楽しみにしていたドライブは苦痛なドライブへと変わってしまった。テンションだだ下がりのまま別海をスルーしてとりあえず中標津に向かった。




 
IMG_2952_20180115080719d35.jpg
東武サウスヒルズ中標津店



もう気持ちが完全に切れてしまっていたので今日は宿に泊まる事にした。スマホから釧路に宿を予約した。






IMG_2954_20180115080657e4b.jpg
道道13号


雨が止んだのでとりあえず出発。





IMG_2958_20180115080659bd1.jpg
道道13号


雨が止んだと思ったらまた雨が降ってきたのでもう気分は最悪であった。この道道13号のドライブは道道123号(浜中~別海区間)以上に楽しみにしていたので、もうこの時はほんまにブチ切れながらの運転であった。だって今日は雨が降るなんてこれっぽっちも思っていなかったからね。本当は晴れの日にドライブをしたかった道だったのだが、曇り空でも妥協しようと思って割り切ってドライブしようと思っていたんだよね。そしたらこの雨でしょ。そりゃあ気持も切れるよね。


もうこんな天気の日は温泉に入るしかないだろう。本当はスーパー銭湯でサウナを満喫したい気分だったのだが、温泉通から標茶温泉を勧められていたので次は標茶温泉に行く事にした。





IMG_2961_20180115080701340.jpg
P1250107.jpg

標茶温泉 味幸園/標茶町



ここを勧めた人間の話によると、ここの温泉は北海道で3本の指に入る本物の温泉だと言っていた。


到着すると駐車場には6台位の車が停まっていた。料金は400円であった。





P1250108.jpgP1250109.jpgP1250110.jpg
脱衣場


温泉に入ると地元の方と思われる先客の方が浴槽の横で寝ていた。あまりにも気持ち良さそうに寝ていたので思わず笑ってしまった。風呂はとにかく狭いのだが先客は寝ているおじさんだけしか居なかったので助かった。早速温泉に入るとこれがまじでヤバいレベル。入った瞬間に肌がつるつるになるのがほんまに分かる。ただ温泉が熱いので長く浸かっていることができなかったのが残念であった。洗い場の蛇口からは源泉が出てきた。シャンプー類はなく石鹸だけが置いてあった。


泉質だけで判断するのなら自分が北海道で入った温泉ではたぶんナンバー1の温泉だと思う。泉質自体はほんまもんなのだが、風呂場自体が狭いのが難点か。温泉の評価は泉質だけを重視するのか、癒やしや安らぎなども考慮に入れるのかで人それぞれの考え方は違ってくると思うのでなんとも言えないところである。





IMG_2965_20180115080704401.jpg

泊ったホテル/釧路市




標茶温泉から上がった後は予約していた宿に直行して本日終了である。



本日の走行 187.3km