しょうきち

しょうきち

-
IMG_3910.jpg
小清水原生花園


ここで鮮やかなコントラストに見惚れていると、「写真を撮ってくれ」と海外の青年に片言の日本語で頼まれたので撮ってあげた。日本語が話せるので少し話してみると、どうやらこの青年は台湾から一人で来ているらしい。








IMG_3913.jpg
やっぱ天気が一番重要なんだよね。ここも曇っていたら全然感動しなかったと思うしね。





 

IMG_3911.jpg
ここは今の時季がピークなのかな?




ここから知床連山が見えるのだが、知床の山に雲が掛かっていないのが判る。これなら知床横断道路に行っても、雲のかかっていない羅臼岳がほぼ間違いなく見えるだろう。とりあえず一安心である。










IMG_3932_20180116063351b6d.jpgIMG_3925.jpgIMG_3942.jpg
小清水原生花園


あまりにも花がキレイに咲いていたので、もうちょいここに居たかったのだが、あんま長居をしていると羅臼岳に雲がかかってしまうかもしれないので先に進むことにした。







IMG_3940.jpg
IMG_3939_201801160633521e7.jpg
IMG_3946.jpg
IMG_3941_2018011606335504e.jpg
原生花園駅


駐車場に戻ろうとしたら丁度 電車が来た。









IMG_3949_20180116063330c42.jpg
IMG_3952.jpg
国道244号


もう何処にも寄らないで知床横断道路まで行く予定である。








IMG_3954.jpg
国道244号


正面に見える山は斜里岳である。







IMG_3959_20180116063334789.jpg
斜里市街





IMG_3960.jpgIMG_3962.jpgIMG_3964_20180116063339cd3.jpg
国道334号


前回とは雲泥の差である。前回は曇っていたので落ち込みながら運転していたんだけどね。今日は前回(6月7日)のリベンジに成功できたのでほんまに嬉しい。









IMG_3968.jpg
国道334号



羅臼岳に雲がかかっていないのが嬉しい。








IMG_3971_201801160633420f5.jpg
IMG_3981.jpg
オシンコシンの滝は今回もスルー。






IMG_3983.jpg
国道334号



めちゃめちゃ混んでいる所には行かない。これが自分の旅のスタイルである。
よって 当然 観光客に大人気の知床の観光スポットには行かない。










IMG_3990.jpg
道の駅なども今日はスルーをした。





IMG_3996.jpgIMG_3999_20180116063936bb1.jpg
プユニ岬




IMG_4002_20180116063937ef6.jpg
国道334号





IMG_4012_20180116063939431.jpg
羅臼岳来たーーー!!!






IMG_4013_20180116063940846.jpgIMG_4018_20180116063942173.jpg
これが見たかってん!!






IMG_4023_2018011606394331c.jpgIMG_4024_201801160639459ec.jpgIMG_4028.jpg
知床横断道路


この雲のまったくかかっていない羅臼岳が見たかったんだよね。今日はかなり無理をしてここまで来たのだが、苦労が報われた気がしたわ。








IMG_4029_20180116063948995.jpg
すごいね!自転車でのぼってるよ。自分もいつかここはチャリかバイクで走りたいと思っているんだよね。


むちゃくちゃきついだろうと思うのだが、こんな天気のいい日に知床横断道路を走れるなんて一生の思い出になるだろうな。ほんま羨ましいわ。







IMG_4039_2018011606394950f.jpg
知床峠に到着。



前回ここに来た時はガスっていてなんも見えなかったんだよね。
だからまじで嬉しかった。









IMG_4044_2018021004420661b.jpg
知床峠


さすがにここは半ズボンだと寒かった。








IMG_4047.jpgIMG_4048_20180116063952f8e.jpg
IMG_4060_20180116063957c58.jpg
IMG_4055.jpg
知床峠



今日はせわしく動いたのだが、今日の行動は正解であったと思っている。山の天気は変わりやすいので、あと2時間位遅れて来ていたら羅臼岳に雲がかかってしまっていた可能性も考えられるしね。

とにかく快晴の知床横断道路の車載動画を撮るのが今年の旅の大きな目的のひとつでもあったので、その目的を達成できた事が素直に嬉しかった。










IMG_4062_2018011606395836c.jpg
羅臼湖入り口付近


なんやかんやで2009年からご無沙汰している羅臼湖なのだが、今年も結局 羅臼湖には行かなかったなあ。今日なんかに羅臼湖へ行ったら最高だっただろうね。








IMG_4063.jpg
知床横断道路








IMG_4067_20180116064504d26.jpg
道の駅知床らうす/羅臼町



15:50道の駅に到着。道の駅はたくさんの観光客で賑わっていた。







IMG_4068.jpg
道の駅知床らうす/羅臼町



今日は道の駅摩周温泉の隣にある公園の駐車場で寝る予定だったのだが、もう弟子屈町まで行くのは疲れているから無理である。よって今日は開陽台で寝ることに変更してこのあとは開陽台に向かった。









IMG_4071_2018011606444384c.jpg
道道335号



羅臼に入ったら曇ってきたのがちと残念であった。









IMG_4075_201801160644454ae.jpg
標津市街のセイコマで食事タイム







IMG_4077_20180116064446d22.jpg
別海町のカントリーサイン


かなり遠回りになるのだが野付温泉に入っていく事にした。









IMG_4081_20180116064451787.jpg
IMG_4079_201801160644487fa.jpgIMG_4080.jpg
野付温泉 浜の湯/別海町




ここに来るのは2011年以来だと思う。440円払って温泉に入ると3名の先客がいてた。さらに後から4人の方が入って来たので温泉は結構混んでいた。温泉から上がると駐車場は道外ナンバーの車だらけになっていた。自分が来た時には道内ナンバーの車しか停まっていなかったので、自分より後から来た客はすべて道外の観光客だったんだね。



風呂から上がるとさすがにきつい。めちゃめちゃ眠くなってきた。
連日長距離を走っていたので、その疲れが一気に襲ってきた感じである。



めちゃめちゃしんどいのだが、根性で開陽台まで向かうことにした。









IMG_4087.jpg
東武サウスヒルズ中標津店



食料を大量に買い込んでから寝床予定の開陽台に向かった。









IMG_4089.jpg
中標津町



とにかく開陽台までの道のりがキツかった。なんか睡眠薬を飲んだのかと思うくらいの睡魔に襲われていたのだが、何とか無事に開陽台までたどり着けた。









IMG_4096.jpg
開陽台


寝床予定の開陽台に到着すると車中泊らしい先客の車が2台停まっていた。








IMG_4097.jpg
開陽台


眠気を覚ますために展望台に行ってみる。晴れていれば山側に沈む夕日が見れたと思うのだが、雲が多かったので夕日は見れなかった。








IMG_4098_2018011606445805d.jpg
開陽台の車中泊は久々のような気がする。前回いつ頃ここで車中泊をしたのかはまったく覚えていない。


天気が良ければ翌朝の展望台から眺める景色に感動できるのだが、明日の予報は雨なので翌朝の眺望はまったく期待できないだろう。たぶん明日朝起きたら霧で何も見えないと思う。







IMG_4099.jpgIMG_4101.jpg
開陽台裏にあるキャンプ場



キャンプ場には誰も居なかった。










車に戻って寝る準備をしていると、一瞬犬の鳴き声が聞こえたような気がした。1台の車は犬連れか?

犬連れの車中泊の旅は素晴らしいと思うし大歓迎なのだが、自分は犬連れの方の近くで寝るのがかなり苦手なのである。よって当然移動も考えたのだが、しかしもう今日はマジで動けないんだよね。寝床をかえるとしたら多和平で寝る事になるのだが、ここから多和平までは30km以上も離れているんだよね。だからかなり悩んだのだが、もう今日はここで寝ることにした。









IMG_4106.jpg
明日の予報は雨で週間予報も明日からはもうずーっと雨マークが続いている。





明日は苫小牧方面に向かう予定である。今後は道南を一周する予定なのだが、明日以降もずーっと雨が続くようならば、もう旅を終了にして 明日苫小牧からフェリーで帰るかもしれない。





予想外に夜は静まり返っていたのは嬉しい誤算であった。
余程疲れていたのか20:00前にはいつの間にか寝てしまっていた。

本日の走行 397.1km