しょうきち

しょうきち

-
IMG_0560.jpg
百人浜オートキャンプ場/えりも町



2017年6月30日 金曜日 北海道 一周 スーパーカブの旅 4日目



3:20に目が覚めた。





IMG_0559.jpg
外に出ると少し明るくなっていたのでそのまま起きることにした。
テントの数は昨日と一緒で他の人は当然まだ寝ていた。







IMG_0563.jpg
だいぶ明るくなってきたのでお湯を沸かすのだが、このお湯をいちいち沸かす行為が(自分には)かなりめんどくさい。

車中泊の旅なら缶コーヒーをケースごと買いだめしておけるのだが、バイク旅だとコーヒーを買いだめしておけないのが辛いところである。







IMG_0568.jpg
百人浜オートキャンプ場/えりも町




ガラガラのキャンプ場。





IMG_0564.jpg
百人浜オートキャンプ場/えりも町




ゴミが処理できるキャンプ場は優良キャンプ場だ。
中には金を取っておいてゴミは持ち帰れみたいなキャンプ場もあるからね。









6:00からゲートが開くようなので早めに撤収作業をしているとみんな起き出してきた。
原付で来ていた方と軽く話をしてから撤収作業を再開したのだが、この撤収作業が結構めんどくて時間もかかるのでイラつく。50分位かかったであろうか?
撤収作業に毎回こんな時間がかかっていたら時間がもったいなさすぎるよね。この時はまじで車中泊の旅に戻りたいと思ったわ。









IMG_0569.jpg
百人浜オートキャンプ場/えりも町




無駄な労力と時間をかけてようやくパッキングを済ませ原付のおじさんに挨拶をして7:08に出発。早めに出発したかったのだがだいぶ遅れてしまった。







IMG_0570.jpg
道道34号



まずは襟裳岬の周辺を走ろうと思っていたのだが襟裳岬方面には霧が発生していたのでUターンをして北上していく事にした。







IMG_0572.jpg
道道34号/えりも町




とりあえず忠類のキャンプ場に向かう事にした。原付のおじさんも今日は忠類のキャンプ場に行くかもと言っていたのだが、長期滞在組が嫌だからどうしようか迷ってると言っていた。








IMG_0579.jpg
道道34号/えりも町




IMG_0581.jpg
IMG_0582.jpg
道道34号/えりも町





IMG_0584.jpg
道道34号/えりも町



いきなりいい眺めが出現してきたので朝からテンションは高いのだが、ただ少し寒いんだよね。今のところジャージでギリって感じの気温である。









IMG_0587.jpg
えりも町




天気も良いし長めも素敵である。






IMG_0592.jpg
えりも町




IMG_0595.jpg
道道34号/えりも町





IMG_0601.jpg
国道336号




道道34号から国道336号に出た。








IMG_0603.jpg
国道336号を通って忠類に向かう。





ここまではルンルンだ。あまりにもカブ旅が楽しいので、旅が終わって地元に戻ったら小型免許を取って次回はスーパーカブ110で絶対来ようなんて思いながら運転をしていたのだが・・・








IMG_0604.jpg
国道336号



このトンネルから先はルンルン気分から一転して苦行の旅に変わった。



とにかくトンネルの中が地獄のように寒い。このトンネルだけでも心が折れたのだが、この先のえりも黄金トンネル(全長約5km)は凍え死にそうな寒さだったのでまじで二度とバイク旅はやめようと思った。







IMG_0606.jpg
国道336号




トンネルを抜けても真冬のような寒さは続く。ほんまに勘弁してくれー。


しかし 寒いのは海沿いだけで内陸に入れば暖かいはずだと信じてどんどん進んでいく。





IMG_0607.jpg IMG_0610.jpg
広尾町のカントリーサイン





途中 豊似湖に行きたかったのだが、カブふぅ号ではとても豊似湖には行かれないのでスルーした。豊似湖に行く道はほとんどダートなんだよね。









IMG_0611.jpg
フンベの滝/広尾町




興味のない場所なのだが一応カブふぅ号と記念撮影。あまり知られていないのだが、ここは夜に訪れると霊に会えるらしい。













この後 寒さに震えながら黙々と進んでいく。あまりにも寒いのでまじでスーパーカブの旅を辞めてレンタカーの旅に変更しようと本気で考えながら走っていた。











IMG_0614.jpg
セイコマ




広尾市街に入りセイコマで休憩タイム。
ここはイートインであってほしかったのだがまあ仕方がないな。



カブの横で震えながらホットコーヒーを飲む。



ホットコーヒーを飲んで暖をとれたので生き返った(笑)





ひといきつきながら~ひとはひとりたたずむ~
ひといきつきながら~ひとはひらめく~






あまりの寒さでバイク旅が嫌になっていたのだが、コーヒーを飲んだらだいぶ落ち着いてきた。


まあ 寒いのはこの辺りまでだろう。
この程度の寒さで愚痴っていたら北海道をバイクで来る資格はないだろうな。

気持ちを前向きに切り替えて旅を再開する。









IMG_0617.jpg
広尾市街で給油タイム。



後ろの荷物が重くて前輪が浮いているのがお分かりいただけるだろうか?
普段前輪が浮くなんてまずないから(笑)





手袋も昨日防寒用の手袋を買っておいたのだが大正解だったわ。
めっちゃダサいのだがもう関係ないわ(笑)














この後 給油を済ませ少し走ると空が青くなってきた!!









IMG_0619.jpg
国道336号




青空キター!!

一気に暖かくなってキター!!









IMG_0623.jpg
国道236号




IMG_0624.jpg
大樹町のカントリーサイン






IMG_0627.jpg
道の駅 忠類/幕別町



9:43 道の駅忠類に到着。
なんかめっちゃ暑いのだが(笑)







IMG_0628.jpg
道の駅 忠類/幕別町



キャンプ場はすぐ裏にある。






IMG_0631.jpg
ナウマン公園キャンプ場




ナウマン公園キャンプ場に到着。メインの第1キャンプ場は長期滞在者らしき方々で埋め尽くされていたのだが、この第二キャンプ場はガラガラであった。



とにかくバイクの荷物を減らしたかったので、もう今日はここで寝ることに決めて早速テントを設営する。暑くて設営作業をしていると汗が吹き出てきたのでこの時半袖半ズボンに着替えたのだが、しかし 今までの凍えるような寒さとは一体なんだったのだろうか?(笑)




テントを設営してバイクの荷物を片っ端からテントにぶっ込んどく。
これでバイクが大幅に軽くなる。





準備を済ませとりあえず周辺をカブふぅ号で回ろうと思ったら70代の方(以後仙人)が話しかけてきたので雑談タイム。
仙人は京都?の方で基本的に日中は車の中でまったり過ごす感じの旅をしているので、今日のような暑さだとこたえるらしい。
広尾の海沿いに行けばめっちゃ涼しいとアドバイスをしたのだが車で移動するのもしんどいらしく結局今日もここで1日過ごすと言っていた。ちなみに仙人は風呂が嫌いでもう10日間風呂に入っていないらしい。さすがは仙人。はんなりした旅してはる(笑)










仙人と話をした後は晩成温泉まで言ってみる事にした。








IMG_0632.jpg
忠類駅/幕別町




荷物が軽くなったのでだいぶ運転しやすい。







IMG_0633.jpg
忠類神社/幕別町




適当に寄り道しながら晩成温泉方面に向かった。








IMG_0636.jpg
道道319号




IMG_0637.jpg
道道319号




 
IMG_0639.jpg
道道319号を通ったのだが本当になんもない。でも所々で出現する酪農家のサイロが素敵であった。






IMG_0641.jpg
廃サイロ




IMG_0642.jpg
道道319号



IMG_0646.jpg
幕別町





IMG_0648.jpg
大樹町のカントリーサイン



道道319号~道道881号を通っていく。








IMG_0650.jpg IMG_0651.jpg
2015年に行って結構いい感じであった生花苗沼に行ってみる。






IMG_0652.jpg
めっちゃ不気味な道を通っていく。






駐車場に到着すると当然のごとく誰もいなかった。
周辺は静まり返っていて不気味すぎるレベルである。
静かな場所を好む自分でもこの駐車場周辺の雰囲気はかなり気味悪く感じた。







IMG_0669.jpg
途中にある野鳥観察小屋




ここもめっちゃ不気味。







IMG_0671.jpg
発泡禁止の張り紙




自分が初めて来た時ここで銃声が響き渡ったんだよね。
あの時はマジでびっくりしたわ。








IMG_0653.jpg
気味の悪い道を抜け生花苗沼に到着したのだが・・・






IMG_0657.jpg
生花苗沼/大樹町




前回ほどの良さは感じられなかったかな。






IMG_0656.jpg
IMG_0667.jpg
生花苗沼/大樹町




今日はあまりいい感じがしなかったので写真だけ撮ってすぐに移動した。