しょうきち

しょうきち

-

IMG_2557.jpg
泊まったホテル/室蘭市



2017年7月11日 火曜日   北海道 ツーリング スーパーカブの旅 15日目


昨夜は街に繰り出し(Pともお別れなので)少し羽目を外してしまったので寝たのは遅かったのだが今日は4.30に起きた。
何故こんなに早く起きたのかと言うと午前中にレンタカーを返して夕方には寝床予定である芽室町のキャンプ場まで行きたかったからである。



30分で仕度を済ませ5:00に出発。Pはまだ寝ているのでこのままお別れである。
さよならP。







IMG_2560.jpg
国道36号/室蘭市


早朝の室蘭を出発してバイクが置いてある上富良野のキャンプ場に向かう。






IMG_2561.jpg
国道36号


今日からまた一人旅&バイク旅である。もうレンタカーに飽きてきていたので今日から再びカブふぅ号で旅ができると思うとめっちゃ嬉しい。ただ 今日の予報は午後からは天気が崩れる予報なので天気が少し心配なんだよね。







IMG_2564.jpg
国道36号/苫小牧市街





IMG_2566.jpg
国道234号


途中 ローソンに寄った以外は何処にも寄らないで上富良野に向かった。






IMG_2568.jpg
道道30号


結局 レンタカーは一週間借りたのだが、レンタカーの旅は楽しかったよね。がっつりと1日中雨に降られたなんて日もなかったしね。ただ 当初の予定であった稚内~函館間を下道で走るという目標を達成できなかったのが残念であった。

まあ レンタカーはお盆にも借りるので、札幌~函館間はお盆に走ることになるだろう・・・と 当時の日記には書いていたのだが、結局 お盆期間は地元に戻っていたんだよね。







IMG_2572.jpg
芦別市のカントリーサイン





IMG_2577.jpg
中富良野町













9:20ごろ上富良野のキャンプ場に到着。車に散乱していた荷物をバイクに積み替えるのだが、この作業が中々大変であった。



荷物を整理して不必要な物はすべてダンボールに入れて自宅に送り返すことにした。











不要だったので送り返したガソリン携行缶。



今回 ガソリン携行缶を2本持ってきていたのだが、結局 ガソリン携行缶は要らなかったな。








1000ccの方は北海道に上陸して直ぐに送り返していて700ccの方だけ持っていたのだが、結局 700ccの方も要らないので送り返す事にした。








ジュニアバーナー



あと ジュニアバーナー。これも要らんわ。つうか これめっちゃ邪魔。安定感も悪いし糞やったわ。
北海道ツーリングで自炊をしない奴はアホやってPに言われたのだが、自分は基本的に食には興味がないからね。まあ 食事はスーパーやセイコマで十分に満足なんだよね。後 コーヒーはやっぱ缶コーヒーじゃないと朝のリズムが悪いんだよね。だからインスタントコーヒー類もすべて送り返すことにした。







ということで色々と荷物を減らし、旅の当初と比べると大幅に荷物を減らす事ができたのだが・・・

しかし 今日以降 結局 空いたスペースには常に缶コーヒーを積めるだけ積み込んでいたので、結果的に重量は出発当初と変わっていないというか、むしろ増えていたかもしれない。この缶コーヒーを常に積めるだけ積み込んでいたのが大失敗で、後にリアサスがイカれて旅を中断する羽目になってしまったんだよね。









荷物を整理した後はレンタカーを返しに旭川に向かった。









IMG_2578.jpg
旭川駅付近




途中の郵便局で荷物を送り旭川でレンタカーを返却する。






しかし 旭川は札幌に次ぐ北海道第二の都市なのだが、札幌と比べると全然違うよね。先日札幌に行くまでは旭川もめっちゃ都会だなと思っていたのだが、札幌に行った後に改めて訪れてみるとやっぱ全然違うなと思った。だって旭川は駅周辺もガラガラだもんね。








IMG_2579.jpg
旭川駅



上富良野までは電車で帰る。景色を見ながら電車に乗るのを楽しみにしていたんだよね。







IMG_2580.jpgIMG_2585.jpg
旭川駅




旭川駅に来たのは初めてかも?





前から一度北海道特急フリー切符を買って乗り鉄をしたいと思っているのだが、中々実現していないんだよね。やっぱ不便だもんね、電車で北海道を周るのって。








IMG_2584.jpg
旭川駅


さて 景色見ながら上富良野まで楽しもうと思っていたのだが、この電車も中国系の観光客だらけで全然景色を楽しむ事ができなかった。
ここもですか(笑)何処に行っても中国人観光客だらけなんですけど(笑)



因みに旭川駅から乗った中国系の観光客の方々はみんな美瑛駅で降りていった。
美瑛をチャリで周る人が多いと思うのだが、白タクを利用している奴もたぶんいるだろうな。







IMG_2590.jpg
上富良野駅


12:25ごろ上富良野駅に到着。






IMG_2588.jpgIMG_2591.jpg
上富良野駅





IMG_2592.jpg
上富良野駅


駅に到着するとだいぶ天気が悪くなっていたのでゲンナリである。







IMG_2593.jpg
上富良野市街





駅からキャンプ場まで てくてくと歩いてキャンプ場に到着。
雨が降りそうなので急いで出発する。



とりあえず今日は狩勝峠を越えて道道55号を通って芽室町のキャンプ場で寝る予定である。そして 明日は十勝の太平洋沿いに出て沼巡りをする予定である。








IMG_2599.jpg
道道298号/上富良野町


13:50ごろキャンプ場を出発。バイク一人旅の再スタートなのでテンションを上げていきたいところなのだが明らかに(写真では判りにくいのだが)進行方向の天気の悪いのが判る。




明らかに(この先は)雨降ってるやん(泣)



これは国道に迂回しても雨から逃れることはできなさそうである。
つうか 雨がパラついてきた(泣)








IMG_2603.jpg
もはや覚悟を決めるしかない。テンションがだだ下がりの中、カッパを着込んでサイドバックには防水スプレーをかけまくって出発して、気象庁のコンピュータでは予測できなかった雨雲方面に突入していくと直ぐに強めの雨が降ってきた。



雨は結構強い・・・


マジで旅を止めたくなった。







IMG_2601_2018021805360394a.jpg
道道253号/富良野市



局地的に発生した雨雲だったので麓郷を抜けると幸い雨は止んでくれたのだが、靴がびちょびちょになったので最悪であった。





 
IMG_2604.jpg
前カゴは防水カバーで防御。





IMG_2605.jpg
テントや寝袋は大きなビニール袋で、そしてサイドバックは防水スプレーで雨を防いだ。






IMG_2606.jpg
ダサすぎるカッパ(笑)こんなカッパを着て北海道を周っているライダーなんて自分以外には絶対にいない(笑)

ライダーはバイク関係には金をかけるし身だしなみも気にしている人が多いのでレインウェアもかっこいいやつを着ている人が多い。だからこんなカッパを着ている奴はまずいない(笑)

ばずいので脱ぎたかったのだが狩勝峠とかでも雨が降っている可能性があるのでカッパは着込んだまま旅を続ける事にした。






IMG_2608.jpg
道道253号/富良野市


ここは天気の良い日に走りたかったのでこの曇空はかなりの痛手であった。たぶん今が一番緑が映えていていい感じの時期だと思うんだよね。だからこの曇り空は痛いよね。






IMG_2609.jpg
国道38号/富良野市



国道38号に出ると交通量が一気に多くなった。



レンタカーばっかりやん。鬱陶しいわー。幅寄せすなボケ!



靴がびちょびちょで気持ち悪かったのと、既に今日はレンタカーで240km位走っていて疲れていたのでイラつきながら走っていた。








IMG_2611.jpg
国道38号


南富良野町手前にある樹海峠?ここは路側帯が工事中だったからめちゃめちゃ怖かったわ。中々自分を抜けなかったトラックが腹を立ててわざと自分の横をすれすれに走っていくんだよね。まじで風圧で倒れそうになったわ(笑)






トラックに怯えながら樹海峠を越えて道の駅南ふらのをスルーして国道36号を走って行く。







IMG_2614.jpg
南富良野町落合


幾寅市街を抜けて数分走ると南富良野町落合集落が現れてくる。








IMG_2616.jpgIMG_2618.jpg
途中にあった廃校。




IMG_2619.jpg
落合駅/南富良野町




IMG_2621.jpg
落合駅前




IMG_2622.jpg
南富良野町落合


国道沿いの寂れ感はハンパない。






IMG_2623.jpgIMG_2625.jpg
南富良野町落合




IMG_2631.jpg
狩勝峠


落合から先は狩勝峠になるのだが雨も降っていないし路側帯も広いし登坂車線もあるので特に問題なく走行ができた。






IMG_2633.jpg
狩勝峠頂上


途中 二台のバイクが自分を抜いていったのだが、二人ともピースの仕方がめっちゃかっこ良かったわ(笑)






IMG_2634.jpg
狩勝峠頂上



狩勝峠の頂上には展望台があるのだがこんな天気なのでスルーした。